« 『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 »

2016年4月27日 (水)

『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれており、さらに、私だけの奇妙な修行事情にも触れている部分がありますので、ご注意ください。

 この『絢爛たるグランドセーヌ』は、バレエのグランドセーヌ(大舞台)を目指す、女性版スポ根ドラマですね。主人公は、有谷奏といいます。1巻のあらすじは、とてもシンプル。奏は、住んでいるマンションのお隣の梨沙が、バレエを踊る姿に魅せられて、同じ道を歩もうと、決心します。が、レッスンは厳しく、奏はなかなか、梨沙のようにはなれません。梨沙がバレエをやめてしまっても、奏は続け、小学校高学年で、ドン・キホーテのキューピッドのソロという役を得ますが、今一歩、満足が行く踊りができず、大いに悩みます。また、一つ年上ながらキャリアは同じくらいのキャリアの翔子には、トウシューズ(つま先立ちができる)が許されたのに、奏はバレエシューズのまま。さあ、バレエシューズでどうやって、キューピッドが踊れるのか?

 私、バレエ漫画を読んだのは、これが初めてなのですが、思いのほか楽しめました。なぜなら、今、文章表現修行で、どのようにやるべきか、今までのやり方でよいのかと、迷いだしたからです。何年かに一度訪れる、迷走期なのですけれども、文豪達の文章読本や最近の小説家のノウハウ本を読んでみても、何か実感が湧かないのです。それで、アマゾンの書評でこの漫画を見つけて、読んでみたわけです。
 では、『絢爛たるグランドセーヌ』は、私の役に立ってくれるでしょうか? それはまだ、わからないのですが、参考になったように思います。何といっても、奏の、バレエを好きな気持ち、好きだからこそ上達したいという、一途さは、共感できますから。
 少し戻りますが、この漫画のいただけない点を先に述べますと、全身のバランスがおかしいシーンがいくつかあるようです。具体的にどれとは指せないものの、違和感というか、苛立たしさを感じてしまいます。そして、バレエ専門用語のラッシュ! もう少し注釈がほしいです。
 いいところとしては、これはもしかして欠点かもしれませんが、あらすじでカットしたような小さなエピソード・シーンが生々しいことです。梨沙が、バレエをやめざるを得なかった理由(今後、バレエ衣装に関わってくるようです)。発表会の、チケット・ノルマや、父兄も協力しての裏方作業。
 人物も、奏はもちろん、みんな存在感があります。本番前、わくわくと楽しそうな奏と裏腹に、昼食ものどを通らない翔子。クールな翔子は奏の友達であると同時に、ライバルであり、追いつかれてたまるかという意気盛んなところに、ライバル萌えの私がわくわくします。
 奏は本当に、体格・音感など、バレエに有利な素質はないのですが、翔子やDVD等を見、自分に足りないものを察知する観察眼の鋭さは大したもの。2巻以降の盛り上がりを、大いに期待します。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63546678

この記事へのトラックバック一覧です: 『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想:

« 『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 »