« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月に作成された記事

2016年4月30日 (土)

『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想

『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 エロではない、女性向け漫画雑誌をレビューするのは、初めてではないでしょうか。小学生だった頃、母方の従姉妹のうちにあったのを片っ端から読んでいたのを思い出しました。おもしろくなくはなかったのですが、恋愛、恋、ラブばかりの内容で、飽きてしまったのですわ。当時に比べると、今時のものはバラエティー豊かでいいですなあ。
 で、なぜYOUかといいますと、表紙を見れば一目瞭然、『おそ松さん』目当てなのでした。しかし、どうして、彼らが他社の、美少女戦士コスプレなんぞをしているのでしょうね?
 なるべく多くの作品の感想を書きたいところですけれども、魅力をつかみきれないものもあって、的外れな文章になっては失礼ですから、今回は少なめにいたします。

続きを読む "『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月27日 (水)

『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれており、さらに、私だけの奇妙な修行事情にも触れている部分がありますので、ご注意ください。

 この『絢爛たるグランドセーヌ』は、バレエのグランドセーヌ(大舞台)を目指す、女性版スポ根ドラマですね。主人公は、有谷奏といいます。1巻のあらすじは、とてもシンプル。奏は、住んでいるマンションのお隣の梨沙が、バレエを踊る姿に魅せられて、同じ道を歩もうと、決心します。が、レッスンは厳しく、奏はなかなか、梨沙のようにはなれません。梨沙がバレエをやめてしまっても、奏は続け、小学校高学年で、ドン・キホーテのキューピッドのソロという役を得ますが、今一歩、満足が行く踊りができず、大いに悩みます。また、一つ年上ながらキャリアは同じくらいのキャリアの翔子には、トウシューズ(つま先立ちができる)が許されたのに、奏はバレエシューズのまま。さあ、バレエシューズでどうやって、キューピッドが踊れるのか?

続きを読む "『絢爛たるグランドセーヌ』1巻(Curvie・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月22日 (金)

『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想

 コミック『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますが、収録作品が9編もありますので、大半のあらすじをカットしています。さらに、このシリーズは長らく掲載され続けている人気作で、ほんとにあった怖い話、HONKOWA、コンビニ専用本などの感想とダブっている可能性もあります。どうぞ、ご了承ください。

続きを読む "『霊感ママシリーズ 小さな守護神』(高野美香・朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

『HONKOWA』2016年5月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2016年5月号(朝日新聞出版)の感想を申します。少々のネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 ずっとHONKOAは読んでいたのですが、近所の本屋とおなじみのコンビニがなくなって、いつも探して購入するのに苦労していました。しかしながら、通販にして、すんなり解決しましたよ。お金持ち専用本屋だと思っていましたけれども、役に立つではありませんか。ありがとう、amazon!

続きを読む "『HONKOWA』2016年5月号(朝日新聞出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月17日 (日)

心から祈ります。

 この度の熊本を中心に起きた地震被害の状況は、実に痛ましいものでした。
 美しくて穏やかだった思い出の地が、無残に引き裂かれていく映像に、私は胸が痛くなりましたが、住んでおられる方、身内がいらっしゃる方にとっては、どんなに辛いでしょうか。
 速やかに、地震が治まるよう、心からお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月13日 (水)

『「カルラ舞う!」式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想

 コミック『「カルラ舞う!式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの 秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれています・・・・が、スピリチュアルと自己啓発に関心のある方は、読んでいただいた方がいいかと、思います。

続きを読む "『「カルラ舞う!」式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月12日 (火)

『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想

コミック『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 2巻は、料理のレシピというよりも、コメディ方面での広がりが目立ちました。姉の京子の友達、クリ子、ボウヤ、セクシーと、私立練馬女子学院高校=アバズレ女学院こと、アバ女関係がおもしろ楽しかったです。アバ女は、叔母の梨由子の出身校で、京子の友人のスッポン(本名、杉本美樹。京子がつけるあだ名のセンスって・・・・)がいるという、世間は広いようで狭い、ということなのですわ。

続きを読む "『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

『「カルラ舞う!」式 パワースポット巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想

 コミック(?) 『「カルラ舞う!」式 パワースポット巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 あいにく、私は『カルラ舞う!』が未読です。メイン解説の作者様の他、実在剣持の、ほしのさん、舞子、翔子といった、かわいくデフォルメされたキャラクター達が登場し、全国のパワースポットを案内してくれる、という内容です。パワースポット紹介本としては、130ページの厚みながらも、詳細でていねいな中味で、写真も多く掲載されていますが、目新しい点はさほど感じられませんでした。「ここ、すごいよ!」的な、無責任にたきつける表現はなく、「ここがポイント」「お参りはこのようにした方がいいですよ」と、地味ながらも親切設計で、近場であったり、お参りする機会があったりすれば、とても役立つでしょう。

続きを読む "『「カルラ舞う!」式 パワースポット巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ラジオ体操」始めました

 今朝、6時前に起きて、体操をしてきました。
 夜型、低体温、低血圧、不眠症気味の私にしては、めったにないことです。
 おかげで、ずっと雨模様で、自転車で帰る途中、すべって転倒してしまいました(痛い)。
 家に着いた途端、雨がやみましたよ。
 典型的雨女、というか、私は年間、何度びしょ濡れになっているのでしょう。
(ワンシーズン最低1回は、ずぶ濡れのような・・・・)

続きを読む "「ラジオ体操」始めました"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エイプリル・フールの宣言

 同人誌活動をやめます。
 このブログも終わります。

 文章を作るのも、これで最後です。

続きを読む "エイプリル・フールの宣言"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »