« 『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想 | トップページ | 心から祈ります。 »

2016年4月13日 (水)

『「カルラ舞う!」式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想

 コミック『「カルラ舞う!式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの 秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれています・・・・が、スピリチュアルと自己啓発に関心のある方は、読んでいただいた方がいいかと、思います。

 以前にご紹介した、『パワースポット巡礼』に登場人物、表現や説明の形式等がよく似ているのですが(パワースポット情報もありますし。近畿圏が多くて、ちょっぴりうれしいです)、開運について具体的な解説と神社のお話を絡める、というスタイルで、二度おいしい内容なのです。ただ、監修のほしのさんのお言葉を信じられるかどうかで、「なるほど!」と感心するか、「わかりきったことじゃない」「本当かぁ?」と、スルーまたは疑ってしまうであろうと、私は予想しましたね。わかりやすいとはいえ、ほぼ、ほしのさんお一人の説明になっており、幸い、私は、「おもしろい! 信じる! 目からウロコ」派ですので、楽しんで感動しながら、一気に読めました。
 自己啓発本は、私も何度か読んだことがありますけれども、結局、皆、似たような内容だなと、思います。それは別にいいのですよ。私がずっと不思議、かつ不満でならなかったのは、精一杯ポジティブにがんばっているはずなのに、なぜか、トラブルや不運に巻きこまれてしまうことなのです。それが、この本を読んで、納得がいきました。知らず知らず、自分の人生の方向性を決めていたり、いやな気を発していたりするのって、怖いなぁ。
 他にも、ツキとは何か、どうすればツキに恵まれるか、縁結びなどの説明に、何度もすごい! と思ってしまいました。
 これからも、私はたびたび、この本を読んでみるつもりです。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想 | トップページ | 心から祈ります。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63483230

この記事へのトラックバック一覧です: 『「カルラ舞う!」式 開運巡礼』(永久保貴一・監修/ほしの・秋田書店)の感想:

« 『姉のおなかをふくらませるのは僕』2巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ・秋田書店)の感想 | トップページ | 心から祈ります。 »