« 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 | トップページ | ラジオ体操・その後(4月の報告) »

2016年5月 1日 (日)

『絢爛たるグランドセーヌ』2巻(Cuvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』2巻(Cuvie・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 間をおかずに2巻とは、早すぎるぜと、ツッコミを入れられてしまいそうです、が。1巻のラスト近くの会話で、ライバルの登場を予感していましたが、やっぱり! 現われました! その名も、栗栖さくら! 今まで、この漫画では、裏でコソコソ悪口を言う程度で、後味は悪くなかったのですが、これはまた、予想の斜め上を行く、辛辣・性悪な天才バレエ少女で、ライバル萌えの私は狂喜乱舞ものです。

 あらすじとしては、生き生きしたキューピッド役を演じ終えた奏のもとに、チケットのお礼なのか、一人の少女が訪れます。彼女こそ栗栖さくらで、ジュニア部門のバレエのコンクールでいつも上位にいることで有名なのですが、奏にも翔子にも、プロを目指す者として、超上から目線で語りかけます。その口ぶりよりも、さくらの所属するバレエ・スタジオでは、本人の希望を通すよりも、プロとしての素質がある者しか教えないというやり方で、奏は憤激し、さくらとのコンクール勝負を持ち掛け、さくらは応じます。
 が、滝本先生さえも、奏や翔子がさくらに勝てる見込みはないと断言しますし、ようやく許されたトウシューズが皮肉にも、奏の動作をぎこちないものにしてしまいます。そして、コンクール当日、ライバルのさくらは、見事に黒鳥(オディール)を演じました。さて、奏はコッペリアのスワニルダのバリエーションで、さくらに一矢報いることができるのでしょうか?

 さくらの母は、バレエの指導者で、あらすじの説明だけでは、杓子定規で冷たい人物っぽいのですが、「素質のない者には教えない」のは、海外の有名バレエ団の当然のルールだそうです。さくらとその母の理論は、それはそれで正しいように思います。恐らく、上達も早いでしょう。ただ、上昇志向が強いゆえ、ケガ等でレッスンやコンクール出場ができなくなったら、なかなか立ち直れないのでは? 
 そう思うと、「バレエが好き」とのシンプルな理由で、厳しいレッスンに臨み、動画を見て研究を惜しまない奏は、天才でなくとも、すごい可能性を秘めていると、私は予想しております。また、さくらは、舞台でこそ美しいけれども、ふだんは目の焦点のあいまいな、つまらなさそうな少女です。それを奏に指摘されるや、さくらが激昂する場面は、なかなか迫力がありました。

「お前と私の踊りは違うんだ!! 甘っちょろいこと言うなぁ!!!」

 はあぁ、3巻が楽しみです。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 | トップページ | ラジオ体操・その後(4月の報告) »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63566742

この記事へのトラックバック一覧です: 『絢爛たるグランドセーヌ』2巻(Cuvie・秋田書店)の感想:

« 『月刊YOU』2016年5月号(集英社)の感想 | トップページ | ラジオ体操・その後(4月の報告) »