« 『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想 | トップページ | 『絢爛たるグランドセーヌ』4巻(Cuvie・秋田書店)の感想 »

2016年5月18日 (水)

15日の私、もしくは『ナニワめし暮らし』2巻・『京都・大阪・神戸の喫茶店』の感想に加えて

 相変わらず、わけワカメなタイトルですが、15日に関西コミティアに行った後のことに関する、グルメレポートです。
 当日、私は勤務の疲れが急に出てしまい、久しぶりの関西コミティアでは、応援している、あるサークル様の本を4冊ほどしか買えませんでした(いつもなら、ファンをしているところから新規まで、10冊以上買います)。
 まず、OMM地下二階のそじ坊で、冷やし梅おろしそばを食べました。梅干しと大根おろしは、組み合わせ的にどうかと思いましたけれども、暑かったせいか、辛味と酸味がベストマッチで、するする食べられました。しかも、アンケートを書いたら、割引券もくれましたよ。ラッキー! 

 元気になった勢いで、谷町線で東梅田へ。ここで、ぜひとも『ナニワめし暮らし』2巻で紹介されていた不思議な食べ物と、読むだけじゃもったいない! 『京都・大阪・神戸の喫茶店』の情報を活用すべく、意気込んでおりました。
 そして、いの一番に、前者の、パパイヤトーストが有名な喫茶ミクロへ。もちろん、漫画で表現されていたとおりでしたが、スイーツっぽいものかとの私の想像の斜め上を行って、甘じょっぱい(だーかーら、漫画のとおりやん←自主ツッコミ)! 軽い口あたりながらも、パパイヤの甘さになじんでいたら、ハムの塩気で、シャキッと、引き締まる感じで、あっという間に完食しました。おお、作者様、すごい。描いてくださって、ありがとう。
 食べて速攻、後者に掲載されていた、珈琲店スパニョラへ行きました(ミクロさんから近いから)。こじんまりしたお店だと、油断する間もなく、聞き覚えのあるピアノ曲が流れ、「おお、英雄ポロネーズ!」と、私はうれしくなって、席に着いて数秒で癒されましたね。
 ウインナーコーヒーは記載されたとおり、ウエイトレス嬢が、「スプーンなしでどうぞ」と言い、山盛りクリームがモッコモコの、ふわっふわ。クリームの甘さになごんでいるうち、ビターなコーヒーが少しずつ自己主張する、まろやかながらも意外性のある、驚きの味わいでした。もちろん! 一緒に注文した、ガトーフロマージュはしっとりした口あたりで、甘さは控えめながらチーズの味わいが濃厚で、これがまたコーヒーに合う! 合う! 日替わりのサービスも充実しているし、心の中で、さすがだなあと、うならされました。
 ウエイトレス嬢としか会話しなかったのですが(何せ、私は恥ずかしがりなので)、本によれば、スパニョラさんは、台風の日であろうと、営業時間は必ず守るそうです。お店を出た後で、活力をもらえた気分になれました。こちらも、作者様に感謝いたします。充実した日でしたね。それでは。

|

« 『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想 | トップページ | 『絢爛たるグランドセーヌ』4巻(Cuvie・秋田書店)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

同人活動」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63651366

この記事へのトラックバック一覧です: 15日の私、もしくは『ナニワめし暮らし』2巻・『京都・大阪・神戸の喫茶店』の感想に加えて:

« 『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想 | トップページ | 『絢爛たるグランドセーヌ』4巻(Cuvie・秋田書店)の感想 »