« 『政宗さまと景綱くん』1巻(重野なおき・リイド社)の感想 | トップページ | 15日の私、もしくは『ナニワめし暮らし』2巻・『京都・大阪・神戸の喫茶店』の感想に加えて »

2016年5月15日 (日)

『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想

 コミック『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 8巻は、「ドルドレイ攻略戦」(5)(6)、「凱旋」「栄光の瞬間」、「炎の墓標」(1)(2)、「ある雪の夜に」、「旅立ちの朝」(1)(2)(3)という章で構成されており、あらすじとしては、前半のパワフルな城塞攻略戦(集団戦法&ガッツとチューダーのボスコーン将軍との一騎打ち。これは前半の山場)及びその勝利(ぶっちゃけ、鷹の団は寡兵なのに、そんなにうまくいくのでしょうか? と、私は思うのですが、ま、ガッツのセリフにあるとおり、「大将はくたばった!! 城は墜ちたとくりゃ決まってんだろ!! 負けたんだよ!! てめえらは!!!」、ということでしょうね。
 そして、鷹の団とグリフィスは、ミッドランド国王から勝利の褒美として、軍最高位を与えられ、白鳳騎士団の白鳳将軍グリフィスに叙勲されます。裏では、王妃一味によるグリフィス暗殺が実行されるのですが、これは彼らの裏をかいて、逆にグリフィスとガッツが一網打尽、殲滅に。うまく解決できて、ガッツとグリフィスは仲よく語り合います。
「おまえ 死んでたから知らないだろ?」
「え?」
「キャスカのやつ 祝勝会にドレス着てやがんの」
「ほんとか!?」
「結構見ものなんだわ これが・・・・」
 はあぁ、3巻の憎悪むき出しのガッツの憤激が、ウソみたい・・・・。

 そして、ガッツは皆が驚く行動に出ます。つまり、鷹の団からの脱退でした。入ってからの三年間が充実しており、まして、グリフィスの存在に圧倒されたがゆえに、「オレは あいつにだけは なめられるわけにいかねえんだ」と告げて、皆の制止をふり切りますが、そこへ何とグリフィス自身が抜刀して構えます。「あの時言ったはずだ お前はオレのものだとな」と言い放って、三年前同様、命がけの勝負で決着をつけようとするのです。このあたり、ライバル萌えの私は精神的鼻血で大変です。結果、ガッツが勝つのですが、通常の勝利の爽快感はなく、グリフィスの心のままに空虚感がただよう表現は、お見事! 
 9巻予告では、ガッツの青年編最終章に入るそうです。確かに、8巻のままでは中世ヨーロッパ風歴史漫画になってしまうのですが、グリフィスとガッツのハートウォーミングな友情は、今回でほぼ終わるようです。そして、ガッツとキャスカのグリフィス争奪戦という三角関係もまた、微妙に変化していく・・・・ハズ。すでに、ガッツとキャスカは和解しており、8巻後半で、キャスカはガッツに出て行ってほしくないと、はっきり自覚していますから。どうも後半の急展開に目を奪われがちですが、ノンストップで濃厚な物語に仕上げた作者様の力量には、何度読んでも、ため息が出てしまいます。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『政宗さまと景綱くん』1巻(重野なおき・リイド社)の感想 | トップページ | 15日の私、もしくは『ナニワめし暮らし』2巻・『京都・大阪・神戸の喫茶店』の感想に加えて »

ベルセルク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63629576

この記事へのトラックバック一覧です: 『ベルセルク』8巻(三浦建太郎・白泉社)の感想:

« 『政宗さまと景綱くん』1巻(重野なおき・リイド社)の感想 | トップページ | 15日の私、もしくは『ナニワめし暮らし』2巻・『京都・大阪・神戸の喫茶店』の感想に加えて »