« 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想 | トップページ | 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想・補足 »

2016年6月13日 (月)

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想

『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

『わたしがママよ2』(森本梢子)、前回はうっかりレビューしませんでしたが、この付録本、なかなか気に入っております。育児は大変! 子供は天使じゃない! 当たり前のことですが、そこをなかなか今までにない視点で、描いています。幼児パワー恐るべし、といったところですけれども、じっじを含めた大人達のリアルな姿も見えてきます。だから、育児ってすごい。

『蘭と葵』(上田倫子)、新連載。蘭がかっこいい。これからの展開が楽しみです。
『おそ松さん』第12、13回(漫画:シタラマサコ 原作:赤塚不二夫)、ようやくF6が登場しましたよ。デカパンとダヨーンは、いつになるのでしょう? 着せかえブックカバーは、あざやかで、かわいい感じです。
『群青にサイレン』第11回(桃栗みかん)、練習試合とはいえ、最初はガチガチだった修二が、キャッチャーとして開眼していく様子がおもしろい! チームメイトや監督が、いい味を出しています。
『まんまるポタジェ』15thday(あいざわ遥)、謎めいた青年が、不思議な雰囲気を出しています。ちょこっと出てきただけなのに、鶏雑炊がおいしそうでした。

結論。私は今後も、YOUを購入し続けます。特に、二つの作品は単行本を購入したいほど、気に入ってますので! しかし、私は読むのも文字を打つのも遅いから、レビューは、いつになるでしょうね(おいおい←自主ツッコミ)。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想 | トップページ | 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想・補足 »

漫画雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/63772032

この記事へのトラックバック一覧です: 『月刊YOU』2016年6月号(集英社)の感想:

« 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想 | トップページ | 『おそ松&バカボン』(赤塚不二夫・講談社)の感想・補足 »