« 『「おそ松さん公式アンソロジー」愛しているのよ おそ松さん』(リブレ)の感想 | トップページ | 『しらたまくん』7巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 »

2016年10月20日 (木)

『HONKOWA』2016年11月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2016年11月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

  うっかり買い逃してしまうことの多いこの本ですが(愛読しているくせに)、これからはネット通販を思いきり利用しようと、決めました。でも、なぜか近所のコンビニは、あのコンビニ専用本を置かなくなりましたので、これからは、単行本を買っていくつもりです。
 あ、旅先のコンビニではよく見かけるから、テーマ次第では購入しますね。え、「コンセプトがアバウトというか、ブレまくりだろう」って? 私は、そういうタイプです。

 は~、久しぶりに読めて楽しかったです。
「天使の梯子を昇って」(魚渕あかり)、初登場ながら、インパクトあり。見える家族と、見えない作者様とのやりとりが、怖いような、(失礼ながら)おもしろいような。これから、作者様も霊感を身に着ける? 妹さんは心霊ネタをたくさん持っているのでは? 期待を込めて、再登場希望!
「影御前 過去世の思い出」(小林薫)、桐生さんのシビアな前世話が怖くて悲しく、また、のん気な作者様が愉快。このコントラストが癖になりますわ。
「加門七海の鬼神伝説 第四回)、鬼への愛情が感じられます。そもそも、鬼とはどういう存在なのでしょう? 連載を通じて、いっそうイメージが広がっていくことを、望んでおります。
「ペットの声が聞こえたら」(漫画:オノユウリ 原案:塩田妙玄)ペットの名前も、縁のうち、といいましょうか。重要ですね。さらに、「すべての出来事に意味がある」とは、至言です。
「月明かりの守護霊さん」第六話(あきばじろぉ)、守護霊女子会のエピソード、私も霊感のある友人から、似たようなお話を聞いたことがあって、ちょっと楽しかったです。
「狐様の道」(K・Kさん 漫画:鯛夢)読者体験記ですが、パワフルな狐様のお話です。きっと、真面目でいい人だったから、助けてくれたのでしょう。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『「おそ松さん公式アンソロジー」愛しているのよ おそ松さん』(リブレ)の感想 | トップページ | 『しらたまくん』7巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 »

HONKOWA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/64373199

この記事へのトラックバック一覧です: 『HONKOWA』2016年11月号(朝日新聞出版)の感想:

« 『「おそ松さん公式アンソロジー」愛しているのよ おそ松さん』(リブレ)の感想 | トップページ | 『しらたまくん』7巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 »