« 『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想 | トップページ | 『おそ松さん公式アンソロジーコミック「4コ松さん」』(KADOKAWA)の感想 »

2016年11月 6日 (日)

『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想

『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この公式アンソロジーは、12ケ月それぞれの行事や習慣について、6つ子がどのように行動し、リアクションを起こしたか、といった内容です。この手の本は、何冊も読んできましたから、そろそろ、飽きてくるかもしれないなと、最初は危ぶんだのですが、これがなかなか! 数ある公式アンソロジーの中でも、トップクラスのおもしろさ&ノリのよさでした。

 ただ、おもしろおかしくて、テンポがよすぎて、以前のアンソロジー本にあったような、感動、しんみり、涙といった要素は恐らく、ゼロかと思われます。だからこそ、原作アニメ的な、王道ギャグを、思いきり楽しめるわけですが。
 もう一つ、惜しい点は、12ヶ月分のエピソード(ネタ)があるのですから、描き手様達も12人いるだろうと、思いきや、ある作者様は、表紙や巻頭のカラー口絵も描いて、さらに本文では複数を描いておられます。
 いや、それでも、やはり。
 おもしろければ、何でもかんでも、超オッケー!
 ちなみに、私のお気に入りは、「1月 初夢松」(北風子)、「2月 バレンタイン松」(柴梨ミソ)、「7月 プール開き松」(北風子)、「10月 ハロウィン松」(ごやふな)、「11月 運動会松」(バクガエキス)、「12月 クリス松」(寧々)です。
 また何度でも、おそ松さん公式アンソロジーが読みたいなと、相変わらず、熱望している私でした。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想 | トップページ | 『おそ松さん公式アンソロジーコミック「4コ松さん」』(KADOKAWA)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/64449754

この記事へのトラックバック一覧です: 『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想:

« 『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想 | トップページ | 『おそ松さん公式アンソロジーコミック「4コ松さん」』(KADOKAWA)の感想 »