« 『しらたまくん』8巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 | トップページ | 『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想 »

2016年11月 1日 (火)

『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想

『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本は王道の、とてもいい内容だと思います。たぶん、自分絵はあまりありませんし、表紙や公式イラスト、そのステッカーも、非常にかわいい! 私は公式アンソロジー本の中では、『まるっと12ケ月』『4コ松さん』(どちらも未レビュー。ごめんなさい)と同様、もっともおもしろく感じられました。

『みんなで温泉! おそ松さん』(鈴音ことら)、いきなり、オールキャラギャグでスタートです。態度が豹変する十四松が、不思議とリアルに感じられました。
『一番悪いのは誰?』(じくの)、上記と、このお話のエスパーニャンコがかわいいです。チョロ松、怖いなあ。
『ショートショートおそ松さん』(井上行広)、1Pギャグが8本も! 6つ子もさることながら、ハタ坊やデカパン、ダヨーンがいい味を出しています。
『エブリデイ・ホーリーデイ』(わんだふ~)、こちらも1Pギャグ。カラ松が目立っているような? ラストのお話は、まさにイヤミと6つ子の関係性を物語っています。イヤミが少し気の毒。
『一松のひみつ』(魔神ぐり子)、ファンの方にお勧め。一松のとてつもなく優しい一面と、攻撃性がよく表れている、キュートでほのぼのして、苦笑してしまうお話です。
『実録! カメラは見た』(黛ハル太)、私の一番お気に入り作品です。トド松の留守中に、上の5人が荒れた自室で、ズタボロになって倒れていましたが、その真相は? ストーリー途中でもおもしろおかしくて、まるで見逃したアニメ放送の、コミカライズを読んでいるような気分でした。また描いていただきたいものです。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『しらたまくん』8巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 | トップページ | 『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/64427356

この記事へのトラックバック一覧です: 『おそ松さん公式アンソロジーコミック こぼれ話集』(KADOKAWA)の感想:

« 『しらたまくん』8巻(稲葉そーへー・集英社)の感想 | トップページ | 『まるっと12ケ月 おそ松さん公式アンソロジーコミック』(フロンティアワークス)の感想 »