« 1月20日開催『戸川純35周年記念LIVE 「わたしが鳴こうホトトギス」』(梅田クラブクアトロ)の感想 | トップページ | 2月10日開催『第7回奈良フットの会市民講座 足のケアが命を救う~もっと自由に歩ける人生を~』の感想 »

2017年2月 3日 (金)

『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想

 成年コミック『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 2005年9月発行の、ちと古い作品集ですが、私は結構、好きなタイプのエロ漫画です。収録作品は、「蕾(TSUBOMI)」「いたいけな野獣」「NYMPH(ニンフ)」「木乃伊の恋」「PETTING LESSON」「蠱惑」「仮面の独白」「淫嫁猥母」「アリエナイハナシ」「自愛自涜」「裏窓」「武装査察官 冴木範奈(同人誌発表作品)」と、12編で、すらっと読めます。
 作者様は、巨乳メガネ美人(やや熟女寄りか?)好きなのでしょうかね。男性向けゆえ、陰毛などもバッチリ、細かく描かれていますが、何となく、私はレディースコミックを読んでいるような気分でした。その理由は。

 女性一人称モノローグが多めなのです。加えて、男性向けエロコミックは、基本、男は邪魔っぽく、性器を除けば、適当に描かれることさえあるのですが、ストーリーには大きく関わるものです。けれども、この作品集では、男性に性感を開発されながらも(「蕾」「蠱惑」など)、主体は女性にあるように感じられるのです。
 それがいっそうエスカレートしているような作品は、ヒロインと息子の嫁の禁断の交わりを描いた「淫嫁猥母」、「アリエナイハナシ」もまた、女子学生と、ニューハーフ女性教師のエロスという、レズビアン的なお話も含まれています。よく表現されている、野獣のような男に、清純無垢な少女が蹂躙されて、精液まみれで半死半生になる、という、非常にムカつくストーリーがないのは、実にうれしいです。
 レディコミも含めたエロ漫画は、読んで興奮すれば、それでオシマイ、なのかもしれませんが、心理描写や伏線など、演出が凝っているのも、いいポイントです。
 残念なところは、作者様のあらすじなのですけれども、小さな文字ビッシリで、読みにくいです。まあ、作品と直接関係がないのですが。
 それでは、特に私の好きな作品の感想をちょこっと。
「蕾」、冒頭から、飛ばして(?)います。愛らしい女子学生が下品猥褻な言葉を話すって、エロいですね。

「蠱惑」、タイトルがたまらなくいい! ネタバレなので、あまり言えなくて残念です。
「仮面の独白」、締めくくりあたり、女帝の台詞が恐ろしいようで、エロいです。母、妻、女帝か。
「淫嫁猥母」、しとやかに優しく、しかし確実に、忍び寄り、姦淫のわなにはめる若嫁に、ぞくっとします。
「NYMPH(ニンフ)」、夫のいる隣室で、他の男と、手当たり次第に関係する、最低の妻。この作品は珍しく、バッドエンドで、夫のモノローグで締めくくられています。「愛しているなら 憎んでほしかった 縛ってほしかった」と、ラスト近くで涙ながらに語る、妻の台詞が胸にしみます。
 この作者様の他、いいエロ漫画は少ないながらもありますので、また感想を述べられたらいいなと思います。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 1月20日開催『戸川純35周年記念LIVE 「わたしが鳴こうホトトギス」』(梅田クラブクアトロ)の感想 | トップページ | 2月10日開催『第7回奈良フットの会市民講座 足のケアが命を救う~もっと自由に歩ける人生を~』の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/64845471

この記事へのトラックバック一覧です: 『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想:

« 1月20日開催『戸川純35周年記念LIVE 「わたしが鳴こうホトトギス」』(梅田クラブクアトロ)の感想 | トップページ | 2月10日開催『第7回奈良フットの会市民講座 足のケアが命を救う~もっと自由に歩ける人生を~』の感想 »