« 『HONKOWA』2017年5月号(朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『The Book On Coffee コーヒー雑学事典 講談社編』の感想 »

2017年6月19日 (月)

『HONKOWA』2017年7月号(朝日新聞出版)の感想

『HONKOWA』2017年7月号(朝日新聞出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれておりますので、ご注意ください。

『真 闇の検証』豊臣秀次のお話。地元の大納言塚が登場しましたので、興味深く読みました(まだお参りしていません。不勉強!)去年のNHK大河、『真田丸』を思い出しましたね。文中にあるとおり、むごい手段で身内の数を減らせてしまったところに、豊臣家の悲劇があったのでしょう。取り分け、秀吉の姉は非常に痛ましいです。このシリーズ、日本史の勉強になりますなあ。

『影御前 癒しの森』(小林薫)、御前、お疲れでしたね。本当に優しいなあ。守護霊(霊感のある友人が私に説明していたとおり、守るというより、見守ってくれるお方らしい)や明治神宮(行ってみたい!)のことがくわしくて、おもしろかったです。嗅覚の鈍い私にはうらやましいのですが、作者様、香道を極めてみないのかなあ。
『ペットの声が聞こえたら』(漫画:オノユウリ 原案:塩田妙玄)、亡くなったペットと飼い主さん達は、ちゃんと、心や魂がつながっている! かわいい絵柄で、しかも感動しました。
『名残の黄泉の夢語り』(魚渕あかり)、霊感がある人は、苦労する! 反面、亡くなった人の今の状況がわかる、という、前半が怖くて、後半が心温まりました。このシリーズ、単行本になるといいですね。
『死人稲荷』(M・Tさん 漫画:大竹とも)、読者体験レポートより。実は、私、何となくお稲荷さんが怖かったのですが、思いきって、伏見稲荷にお参りしてきました(きなことバニラのミックスソフトクリームと、稲荷ずしが、すっごくおいしかったです)。それから間もなく、このお話を読んで、お稲荷さんを無暗に怖がらなくてもいいけれども、やはり、怒らせると、すごく怖い! 問題のおうち、早く間違いに気づいて!

 長くお休みをいただいき、すみませんでした。これから、ボチボチ更新していきますね。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『HONKOWA』2017年5月号(朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『The Book On Coffee コーヒー雑学事典 講談社編』の感想 »

HONKOWA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/65432489

この記事へのトラックバック一覧です: 『HONKOWA』2017年7月号(朝日新聞出版)の感想:

« 『HONKOWA』2017年5月号(朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 『The Book On Coffee コーヒー雑学事典 講談社編』の感想 »