« 『印度定食屋繁盛記 働く!! インド人』(流水りんこ・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 2018年の同人活動について »

2018年1月 3日 (水)

『信長の忍び』9巻(重野なおき・白泉社)の感想

 コミック『信長の忍び』9巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 いよいよ、千鳥を中心として、織田信長軍の猛反撃が始まるお話です。流れとしては、足利義昭追放=室町幕府の事実上の滅亡、北近江にて浅井・朝倉連合軍との戦、退却する朝倉軍を織田軍が追撃し、朝倉義景は追い詰められてゆき・・・・というもの。メインは、織田軍VS朝倉軍です。

 今まで、私は朝倉義景がパッとしない人物だと思っていましたが、この漫画を読んで、精神的土下座をいたします。華々しい行動がなかっただけで、戦国大名ゆえ、充分に聡明でありました。だから、織田軍の予想外の行動力に、退却という形しか取れなかった。信長の、軍勢の神速ぶりと、相手の行動を先読みする、相当な戦上手さには驚かされてしまいますが、朝倉軍も負けてはおりません。
 刀根坂の戦いは、第166話~第168話と続きましたが、これが本当に、一般的に気楽に読めるとされている、四コマ漫画なのかと、私は疑い、我を忘れるほど、息もつかせぬ、迫力のある描写です。殿(しんがり)を務めた山崎吉家の奮戦とすさまじい討ち死に。
 信長への復讐に燃える斎藤竜興が、動揺する朝倉義景を激励し、客将から朝倉の家臣となって、織田軍を迎え撃つも、多勢に無勢、致命傷を負い、薄れゆく意識の中で、千鳥の声を聞き、自らの戦う理由を悟って、息絶えます。
 戦国ギャグとはいえ、山崎、斎藤という好敵手が退場したのは残念だったのですが、さらに、朝倉義景は、筆頭家老の朝倉景鏡(義景の従兄弟)に裏切られ、進退窮まって・・・・という流れに。これは、信長ファンの方でも、義景に同情したくなるでしょうし、千鳥のように、景鏡を責めたくもなりましょう。本当に、作者様はちゃんと、各人物の個性、価値観を、わかりやすくも、はっきり描いているなあと、毎度ながら、感心させられました。
 次は、浅井軍との最終決戦。怒涛のストーリー展開に期待しつつも、信長の妹の市が、傷つかないですむことはないのかと、私は気がかりなのでした。もちろん、10巻も購入しますけどね。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『印度定食屋繁盛記 働く!! インド人』(流水りんこ・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 2018年の同人活動について »

四コマ漫画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/224628/66234269

この記事へのトラックバック一覧です: 『信長の忍び』9巻(重野なおき・白泉社)の感想:

« 『印度定食屋繁盛記 働く!! インド人』(流水りんこ・朝日新聞出版)の感想 | トップページ | 2018年の同人活動について »