« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月に作成された記事

2019年7月 6日 (土)

B'z LIVE-GYM『Whole lotta NEW LOVE』大阪城ホール 第2日目の感想(もどき)

 7月5日に開催された、「B'z LIVE-GYM『Whole lotta NEW LOVE』大阪城ホール 第2日目の感想的な文章を書きます。今回はネタバレに加えて、帰宅後に体調を崩して寝ておりましたゆえ、記憶違いもあると思われ、ただでさえ、物覚えが悪いタイプですから、全面的に信用されませぬように、くれぐれもご注意ください。そして、明らかに間違っている場合は、コメントにてお知らせくださるよう、お願いいたします。さらに、いつものように、本文ラストの方で、稲葉浩志さんの、変なファンによる妄想っぽい、ちょいエロ下品な感想も含まれていますから、苦手な方は、読まれない方がよろしいですよ。

 体調は思わしくありませんでしたし、周囲にちとマナーの悪い人達もおりました(開演中に大声でしゃべっていました。よっぽど、係員を呼ぼうかと思いましがけど)し、またスタンドのS席だったけれども、行ってよかった、聞いて見て踊って、とても満足しました。今日は三日目ですね。できれば、私、もう一回、観覧したかったです。ぜひ、期待して行ってくださいませ。
 これはB'zのせいではないのですが、スタンド席は段差があって、ステージ上に電光掲示板2枚も据えられていますから、それほど困ることはないと思います。が、アリーナ席が平坦なのは、どうなのでしょうね。 

 何だか危険そうな宇宙空間で、二人の宇宙飛行士が、がっちり手を握り合う、CGっぽいドラマを経てから、19時ちょうどくらいにスタート。1.マイニューラブから始まって、2.MR.AMOURが終わった頃、稲葉さんが、「B'zの……B'zの……B'zのライブジムへようこそ!」のご挨拶があり、歓声で一気に盛り上がりました。
3.WOLF、おお、やはり稲葉さん、シャウトしていましたね。松本さんが声を合わせているのも、2曲か、もしかしてそれ以上ありましたし、こういう新たな発見、気づき、サプライズ(?)が、ライブの醍醐味なのですよね。「いい年をして、よくやるわ」「CD買って、コンサート行って、本当に無駄遣いなんだから」と、興味のない人々からけなされますが、やっぱり、この盛り上がり、同じファンや音の渦との一体感は、一度味わってしまったら、陶酔してしまったら、もうやめられませんわ。



続きを読む "B'z LIVE-GYM『Whole lotta NEW LOVE』大阪城ホール 第2日目の感想(もどき)"

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »