« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年11月に作成された記事

2019年11月28日 (木)

『作家 蛙石鏡子の創作ノート』(西川魯介・白泉社)の感想

 コミック『作家 蛙石鏡子の創作ノート』(西川魯介・白泉社)の感想を申します。少々のネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この巻は番外編も含めて収録され、完結しています。あらすじ兼内容としては、表表紙に描かれている、真面目でお堅そうだけど、そこがエロい感じのメガネ小説家、蛙石鏡子と、その押しかけ弟子のメガネ青年(というより、見かけも言動も少年に近い)キゼンの、この二人による、妄想、もしくは想像力過剰と現実のギャップが生み出す、文系コメディです。
 鏡子とキゼンに、たまに編集者のまどかが関わってきますが、三角関係というほどのハードさはありません。残念!
 作中に登場する、妖怪? 女神? 精霊? クトゥルフ? 幽霊? を除いて、鏡子、キゼン、まどかは全員メガネをかけていますから、少しばかり、読む人を選ぶかも。アンチ・メガネ派様には、お勧めできませんね。
 マイナスポイントとしては、帯カバーによれば、「文芸エロス」と、宣伝文句が入っていますが、それを目的で読まれると、がっかりするかも。取り上げられている文学作品が、ないわけではないのですが、薄味だと思います。
 だーかーら、キゼンの想像の中の鏡子のあられもない姿や、鏡子の小説の中で女性的人外にもてあそばれるキゼン、キゼンしか見えない幽霊などの姿が、びっくりするほどエッチなのです。
 何せ、表紙絵を参照していただきたいのですが、あまりデフォルメのない、かっちりした絵ですから、自慰やセクハラっぽい場面のインパクトが強烈です。後味のいいエロチック・コメディとしては、上質でしょう。

続きを読む "『作家 蛙石鏡子の創作ノート』(西川魯介・白泉社)の感想"

| | コメント (0)

2019年11月15日 (金)

『石原豪人 「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター』(中村圭子 編・河出書房新社)』の感想

『石原豪人 「エロス」と「怪奇」を描いたイラストレーター』(中村圭子 編・河出書房新社)』の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 奥付を見ますと、「2017年7月30日 増補新装版 初版発行」とありますので、この本の中では最新版ではないか、と思います。
 子供時代の記憶に、下手な写真よりも生々しく、迫力がありすぎて、きれいというよりも怖い感じの絵に、ビクビクしながらも、心惹かれて見つめずにはいられなかったことを覚えています。『エロマンガ・マニアックス』で得た情報もあり、どうやら、石原豪人の挿絵であろうと判明し、最近になって、ようやくこの本を入手できました。うれしい、ありがたい。
 読了した感想としては、思った以上にエロかったです。例えば、若きエリザベス女王が、まるで女優のようだし、ボーイズラブ系というか、耽美系の男性同士のきわどい場面(18禁とまではいきませんが)も描かれているとは!
 さらに、1970年代に流行した、世紀末的パニックものでは、年少者にはトラウマになるのではないか、と危ぶまれるほど、崩壊する世界に、恐怖し、懸命に逃げようとする人々の表情が、まさに臨場感あふれるものになっています。

 ところで、この本は画集でもあるのですが、解説書に近いです。コラムやインタビュー、石原豪人の年譜と世相の変化など、詳細に載せられているからです。
 ゆえに、私のような初心者からディープなファンにも満足できる内容かと思うのです、が、A5サイズの大きさに多くのイラストを収録している上、石原豪人の活躍分野が幅広いため、肝心の絵がちっさい!
 編集された方の労力とセンスはなかなかのものだと思いますが、できることならば、ビッグサイズの画集で見てみたいな、と思いました。これはまた、復刊ドットコム様にお願いすべきかもしれませんね。
 また、石原豪人の作品を見つけたら、購入してみたいです。それでは。

 

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

『闇の世界への招待状』(リチャード・ザックス著 バックアップ・ワークス訳 KKベストセラーズ)の感想

 お久しぶりです。本業が忙しかったり、身内でドヤドヤだったりして、体調まで崩してしまい、ご無沙汰して、すみませぬ。
『闇の世界への招待状』(リチャード・ザックス著 バックアップ・ワークス訳 KKベストセラーズ)の感想を申します。いくつかのネタバレは含まれていますが、中身のディープさには及ばないと思いますよ。
 困りましたね(うれしい悲鳴)。この本は絶版のようですが、今年でおもしろかった本のベストテン上位入りをするでしょう。
 帯カバーにあるとおり、『百科事典や歴史教科書に決して載らない! 純粋な驚きと不届きな愉しみにあふれたエピソードの数々。』が、掲載されています。

続きを読む "『闇の世界への招待状』(リチャード・ザックス著 バックアップ・ワークス訳 KKベストセラーズ)の感想"

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2020年1月 »