« 『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想 | トップページ | 『展望と開運 2020』(村山幸徳・KADOKAWA)の感想 »

2020年2月 6日 (木)

東京にて①~渋谷カオマンガイ

 なおも口内炎が痛い私です。
 ずいぶん以前になりますが、去年の年末、28~30日まで、冬コミ参加メインで東京旅行へ行ってまいりました。
 食べ歩きと本屋さんめぐりを楽しみましたが、その時の印象的な出来事を少々、報告いたします。

 もっともおいしかった料理は、渋谷のカオマンガイというお店の、「カオマンガイ」。
 28日に明治神宮へお参りした(こちらもよかった! 思いきり深呼吸できる、癒しの聖地でした)後、ランチを食べに立ち寄ったのです。
 私が注文したのは、並盛サイズで、骨付き鶏肉のスープ付きで、900円くらい? だったでしょうか。
 鶏の煮汁で炊き込んだご飯の上に、スパイシーなソースのかかった鶏肉が載せられていて、お好みでパクチーをトッピングするというわけですね。
 無料だから、盛らなきゃソンだというわけで、私はパクチーてんこ盛りにしました(笑)。
 さらに、ぶつ切り鶏肉が、これでもか! と入っているスープの方は、正直言って、骨が多くて食べにくくはあったのですけれども、かぶりつくorしゃぶりつくのが大好きな私は、ガツガツいってしまいました。食べ応えがありましたわ。
 あっさりしていて、スパイシー。まあ、鶏肉いっぱいですから、厳密には肉肉しいのでしょうが、私の好きなエスニック料理のツボを押さえていて、満足しましたね。
 注文してから、パパっと出てきましたし、鶏肉の旨味を存分に味わいたい方にお勧めです。

 このシリーズ(シリーズ化するんかい! ←自主ツッコミ)、また後日にアップしていくつもりです。それでは。

|

« 『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想 | トップページ | 『展望と開運 2020』(村山幸徳・KADOKAWA)の感想 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想 | トップページ | 『展望と開運 2020』(村山幸徳・KADOKAWA)の感想 »