« 『修羅雪姫 修羅の因果編』(原作:小池一夫 作画:上村一夫 主婦の友社)の感想 | トップページ | 『ぶるうふいるむ物語 秘められた映画史70年』(三木幹夫・立風書房)の感想 »

2020年4月 1日 (水)

東京にて②~好きなカフェと喫茶店

 また遅くなりましたが、年末の冬コミ旅行のこと。
 新宿の『ベルク』は、二日目のモーニングセットを注文しましたが、安定のおいしさでした。いや、こちらはコーヒーからカレー、パンと、アルコールとおつまみ以外は上京する度に訪れていますけれども、はずれがありませぬ。これはすごい、すばらしい。唯一、喫煙率が高いのが難点ですが、お酒好きの人にお勧めです。
 練馬の『喫茶アンデス』。訪問は、2回目か3回目くらいでしょうか。こちらは味よりも(いや、まずくはないのですよ)、雰囲気が好き。薄暗くて、本のにおいがして、漫画喫茶というよりも、秘密基地めいた図書館に潜入しているみたいな気分になれます。1時間以上長居して、ナポリタンを食べながら、読書しまくりました。こちらも、喫煙率がね~。席位置と運次第で、当たり外れが大きいのですわ。
 それから、八重洲地下街の『アロマ珈琲』ですが、私はうっかりして、グラスとコーヒーカップを倒してしまい、テーブルと床をびしょびしょにしてしまいました。それなのに、ウェイトレス様、「大丈夫ですよ。すぐ片付けますから」と、言ってくださり、きれいに掃除してもらったばかりか、コーヒーも新しく入れてくれました。大感謝です。あの方の笑顔と優しい言葉は、今に至るまで、心に残っております。
 旅先だからこそ、美味なるものと、人の情けは心身に深く染みとおります。ありがとうございました!

|

« 『修羅雪姫 修羅の因果編』(原作:小池一夫 作画:上村一夫 主婦の友社)の感想 | トップページ | 『ぶるうふいるむ物語 秘められた映画史70年』(三木幹夫・立風書房)の感想 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『修羅雪姫 修羅の因果編』(原作:小池一夫 作画:上村一夫 主婦の友社)の感想 | トップページ | 『ぶるうふいるむ物語 秘められた映画史70年』(三木幹夫・立風書房)の感想 »