« 東京にて②~好きなカフェと喫茶店 | トップページ | 『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(津原泰水 編・芸術新聞社)の感想 »

2020年6月 8日 (月)

『ぶるうふいるむ物語 秘められた映画史70年』(三木幹夫・立風書房)の感想

『ぶるうふいるむ物語 秘められた映画史70年』(三木幹夫・立風書房)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 タイトルは、ブルーフィルムのことです。古本屋さんで入手した、昭和50年発行の本ですが、今も販売されているでしょうか。
 そう、こちらはブルーフィルム70年史のことを、作品群や警察に摘発された事件などを絡めて描かれています。ブルーフィルムのことを、作中では、「青映画」と表現されており、楽しそうな語り口調ですが、なかなかの力作だと思います。
 ただ、この本は時代的、事件的(わいせつ系とも裏社会系とも)? に、おもしろいですが、感動するとか、ムラムラするのは、難しいでしょうね(実は、私、それらをひそかに期待しておりました)。コラムみたいな文体ながらも、資料の要素が大きいですから。
 今、わざわざ、青映画を作成する人々は、いないのではないかと思いますが、禁止されているからこそ見たい、楽しみたいという、不思議な人間(女性も少しはいるハズ)の欲望というものを、考えさせられました。
 表紙絵や作中イラストは、上村一夫。これは、相当、美麗にエロくて、目の保養になりました。それでは。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 東京にて②~好きなカフェと喫茶店 | トップページ | 『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(津原泰水 編・芸術新聞社)の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京にて②~好きなカフェと喫茶店 | トップページ | 『たんときれいに召し上がれ 美食文学精選』(津原泰水 編・芸術新聞社)の感想 »