« 『2021年最新版 橘さくらの「運命日」占い』(集英社)の感想 | トップページ | 「赤色エレジー」(林静一・小学館)の感想 »

2021年5月 5日 (水)

「すごい『お清め』」(中井耀香・KADOKAWA)の感想

「すごい『お清め』」(中井耀香・KADOKAWA)の感想の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますが、第5章は購入して調べないと、理解し辛いと思います。
 内容は、タイトルのとおり。では、もうすっかり定番化した、断捨離かといいますと、もう少し深い内容です。何しろ、サブタイトルが、「神様があなたのそばにやってくる」ですから。
 作者様のプロフィールを見ますと、古神道数秘術家だそうで、そういう中味なのです。
 ただ、私の持っている本が、2015年10月発行と、古いっちゃ古いので、もしかしたら、最新版には、加筆修正などが、あるかもしれませぬ。私がうっかり収納場所を忘れていたため、今頃に読んで、感想をアップしております。本さん、作者様、ごめんなさい。
 たぶん、購入のきっかけは、私が掃除&整理下手かつ苦手で、それを何とかしたかったからであろうと、思われます。
 実際、この本には具体的な掃除のコツは、さほどありません。けれども、サブタイトルどおりには説明されています。断捨離しなくては、と思いつつも、捨てることに罪悪感を覚える方には、この本は、精神的バックアップの役割を果たしてくれるでしょう。

 

 しかしながら、私は第1章で、作者様が図書館の利用をやめるよう、説いておられる点については、反対です。
 図書館は、知識の集積場です。実用書があれば、古典の名著あり、知らない作品との出会いの場でもあります。私は図書館のそういうカオスさが好きだから通うのであって、「タダ読みできる」からではないです。
 そういうわけで、少々ムカムカしながら読んでいましたが、第5章の数霊で、自分の今年の運勢を知って、びっくり仰天!
 橘さくらの2021年の占いと、重要ポイントが一致していました!
 2015年の本のはずなのに?
 偶然なのでしょうか?
 とにかく、数霊は知っているつもりでしたが、作者様独自の数え方、方法が載せられています。
 加えて、アンラッキーナンバーも、私が元から嫌いな数字だったので、二度驚愕。
 数霊のお清めは、知っておいて損しない内容かと思います。それでは。

 

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

|

« 『2021年最新版 橘さくらの「運命日」占い』(集英社)の感想 | トップページ | 「赤色エレジー」(林静一・小学館)の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『2021年最新版 橘さくらの「運命日」占い』(集英社)の感想 | トップページ | 「赤色エレジー」(林静一・小学館)の感想 »