« 『楠勝平作品集 彩雪に舞う……』(青林工藝舎)の感想(続き) | トップページ | 『絵で見て納得! 時代劇のウソ・ホント』(笹間良彦 著画・遊子館)の感想 »

2022年5月27日 (金)

『楠勝平作品集 彩雪に舞う……』(青林工藝舎)の感想(追記)

 漫画『楠勝平作品集 彩雪に舞う……』(青林工藝舎)の感想の追記を述べます。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 ちまちまアップして、申しわけありません。今回がラストです。
 私的に、一番インパクトのあった漫画について、ご紹介しておりませんでした。
 それは、「おせん」でも「彩雪に舞う……」でもなく、「茎」という前後編に分かれた作品です。
 あらすじとしては、恐らく江戸時代、染め物師を志す少女つむぎは、男衆の中に一人だけ混じって、辛い修行と仕事に明け暮れます。やがて、別の店で同様に染め物師になろうとしている民江、けんかっ早い青年と知り合います。が、間もなく、民江は結婚のため仕事をやめ、恋仲になった青年は、普通の結婚生活を希望していたたため、つむぎは別れを告げ、染め物を教える男衆からも、将来的に子守、洗濯、料理をするべきだと、敬遠されるのでした。
 物語が進むにつれて、孤立していくつむぎと裏腹に、彼女の弟は順調に、板前としての腕をあげていきます。そして、前後どちらにも描かれている場面ですが、幼い少女達も若い女性も、結婚することが人生の第一目標で、最大の幸せであるように、周囲から言われ、また本人達も信じている様子がリアルにして怖い。
 逆に、つむぎは、孤立は辛かろうに、いわゆる元彼になった青年を見かけても、昂然と頭を上げて歩んでいきます。これが、芯のある、「茎」のタイトルの理由でしょうか。

 まさか、時代劇でフェミニズム漫画が読めるとは、思いませんでした。これは精神的土下座! 脱帽いたします。
 女の幸せという美名で、いかに女性の才能や実力が、ないがしろにされているか、よくわかります。
 しかし、つむぎは染め物師になるため、青年との恋をあきらめますが、恋愛はやめなくてもいいのでは? と、私は思いかけました。
 が、あの時代、料理、洗濯などの家事は、今と違って、手間暇かかる大仕事。
 庶民の少女では、仕事との両立は、相当困難でしょう。
 つむぎの将来の見通しは、明るいものでないかもしれません。
 それなのに、ラストは不思議と、不意打ちのような美に彩られています。
 性格が似ているせいか、私は「おせん」の別の物語のようにも感じられました。
 やはり、すばらしい才能を持った作家様です。お勧めいたします。それでは。

ご協力お願いします。

漫画・コミックランキング

| |

« 『楠勝平作品集 彩雪に舞う……』(青林工藝舎)の感想(続き) | トップページ | 『絵で見て納得! 時代劇のウソ・ホント』(笹間良彦 著画・遊子館)の感想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『楠勝平作品集 彩雪に舞う……』(青林工藝舎)の感想(続き) | トップページ | 『絵で見て納得! 時代劇のウソ・ホント』(笹間良彦 著画・遊子館)の感想 »