« 『絢爛たるグランドセーヌ』20巻(Cuvie・秋田書店)の感想 | トップページ | 『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想 »

2024年5月30日 (木)

『タイプ別 ストレスを力に変える27の方法』(相場聖 ディスカヴァー・トゥエンティワン)の感想

 書籍『タイプ別 ストレスを力に変える27の方法』(相場聖 ディスカヴァー・トゥエンティワン)の感想を申します。ネタバレが含まれていますが、読んで実践してみないと難しいと、思います。ご注意ください。

 4月からずっと、どういうわけか、私は古本運がいいらしく、古本市やフリーマーケットで、20冊ほども買ってしまいました。今回の本も、そのうちの1冊です。
 購入のきっかけですが、現在、私は仕事上のストレスに悩まされているからです。何が問題で、どうすればいいのかも、頭の中では、わかっております。けれども、感覚的か感情的なモヤモヤ、イライラが治まらず、困っていたからなのです。
 それで、ストレスを少しでも軽減したくて、読んでみました。

 しかし、読了はしましたが、まだ作中のレッスンを実践しておりませぬ。本当ならば、レッスン○○をやってみて、どうだったかと、報告すべきなのですけどね。
 あらすじというか、内容は、タイトルのままです。
 奥付の説明によれば、「本書は2014年2月に刊行された『ストレスを味方につける方法!』を、コンビニエンスストア限定販売用に再編集したもの」だそうです。
 発行日は2014年3月31日 第1刷で、2017年10月5日 第8刷とのこと。売れていらっしゃるようで。
「27の方法」と、タイトルにありますが、実際は、自分自身を理解する、タイプ分けテストの後、各タイプごとの特徴と効果的なストレス解消法について説明されています。
 その次から、LESSON01から始まって、LESSON28まで、くわしい理論と方法が載せられています。28は、今までの方法のいくつかを組み合わせた、ある意味、一番難易度が高く、でも達成できれば、ストレス解消どころか、人生の充実感アップにつながる最強の方法ではないかと、思います。

 

 ともあれ、性格傾向(タイプ)によって、ストレスの種類、対策傾向が異なるのだから、まず、自分自身を知ろうというのは、納得できます。
 ですが、いただけない点としては、心理学、成功哲学、自己啓発などを読んでおられる方にとっては、初歩的すぎて、物足りないのではないかと、思います。
 そうでなくても、レッスンのいくつかは、社会人なら誰でも知っているであろうことです。
 要するに、レッスンの幅が、心理的手法、身体的手法、行動的手法、環境的手法と、幅広いがために、超簡単なことから、少しためらってしまうほど大変そうなことまで、難易度までも幅が広すぎるようです。
 が、レッスンのページは、見開きの右ページは説明文、左ページはそれを図解、もしくはイラスト化したものと、大変わかりやすい構成になっています。
 やってみたくなりますし、うまくいかなければ、自分にこの方法は合わないと、わかるわけで、損はないと、私は思います。
 タイトルどおり、ストレスをパワーに変えて、がんばっていけるよう、私もやっていくつもりです。お勧めいたします。それでは。


ご協力お願いします。

読書感想ランキング

| |

« 『絢爛たるグランドセーヌ』20巻(Cuvie・秋田書店)の感想 | トップページ | 『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『絢爛たるグランドセーヌ』20巻(Cuvie・秋田書店)の感想 | トップページ | 『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想 »