« 『只者』(稲葉浩志)の感想 | トップページ | 『桑田次郎 アダルト短編集2 感覚転移』(マンガショップ)の感想 »

2024年7月 7日 (日)

『Koshi Inaba LIVE2024 ~enⅣ~』の感想

 本日、大阪城ホールで開催された、『Koshi Inaba LIVE2024 ~enⅣ~』の感想を申します。演出、セトリ等のネタバレに加え、私自身が記憶力に問題がある上、毎日、CDを熱心に聞いているわけでもないという、レベルの低いファンです。明らかに間違っていることが見つかりましたら、お手数をおかけして、すみませんが、コメント欄にご記入ください。ただし、誹謗中傷は、おことわりいたします。
 そういうわけで、稲葉浩志ソロライブに行って参りましたよ。enⅢから、もう8年ぶりですか? 曲の始まりを聞く度に、イントロクイズの、出来の悪い解答者になっているような、情けないというか、申し訳ないというか、後ろめたい気分になってしまいます。
 私の席はS席(例によって、SS席はロスト)で、ステージ正面から向かって右側のスタンド席中段くらい、右側が通路という場所でした。見えにくいかもしれないと、予想したのですが、電光掲示板はもちろん、ステージにつながる花道(稲葉さんは、「足」と呼んでいましたが。)2カ所のうちの右1カ所にも近くて、時折、ダッシュしてやって来る稲葉さんを、今までになく間近で見られました。これはラッキーで、うれしかったです。
 ライブ開始は、予定通り、17時頃だと思います(演出で真っ暗になって、見えませんでしたので)。アンコール後、終了したのは、私のアナログ時計では19時31分でした。
 猛暑のため、長時間待機を警戒した方々が多かったのでしょうか(私もそのうちの一人ですが)。割と、入場はスムーズで、会場内も(最初のうちは)、涼しかったです。開催中の注意の後、まもなく開演のアナウンスで、私達は拍手。まもなくして、会場はすべて消灯し、ステージに演出の赤いライトと炎があがって、あの重厚な前奏が始まり、私が勝手に、ハードボイルド・ロックと呼んでいる、「NOW」が始まりました! 大きな拍手が広がります。
 稲葉さんは、珍しい、オール金ラメのジャケットで、キラキラしく登場。ジーンズはブルーで、スキニータイプのように見えました。
 で、私のまわりの方々も、「かっこいい」と、感嘆しているうちに、2曲目の「 マイミライ」。次は、黒のレザージャケットに変わっていました。
 4,5曲目あたりで、稲葉さんはまた変わって、胸に模様のある、濃い紫色のTシャツ。10曲目頃で、ゆるっとした、ブルーグレーの長袖シャツ。後半では、白の袖なしTシャツの上に、黒の、大きな編み目の七分袖サマーニットを重ね着しておられました。個性的なデザインで、よく似合っていましたね。
 でも、私的に、アンコール時の、ライブ限定デザインの白黒Tシャツ、これはいいとして、下がライトとダークグレーのストライプの、ワイドパンツなのには、驚かされました。何となく、私は、稲葉さんが、ジーンズならば、スキニーかストレートだと思いこんでいたからです。はい、でも、こちらもよくお似合いでした。細身筋肉質の方には、いいのかも。
 

 たぶん、3曲目の「BANTAM」だったと思いますが、稲葉さんは、いきなり、ステージ上に、ばたんと倒れて、手足を動かし、腹ばいになって歌うパフォーマンスを行ないました。歌詞のとおり、運命にあらがう、ということを示したのでしょうか。
「波」「 正面衝突」「あの命この命」は、私的にノーマークの曲だったので(ダメファンで、すみませぬ)、「えっと、何てタイトルだっけ?」と、慌ててしまいました。ふだんから、もっと聞いておけばよかったです。
「VIVA!」の前に、稲葉さんは、「この曲は四つのパートがあるけれど、好きなところを好きなように、声を合わせてください」と、おっしゃったので、私もちょいと、発声させていただきました。楽しい! 観客である私達も一緒になって、ライブの音源の一部となって全体を盛り上げていく。こういう演出? は、私、本当に好きです。
   ところが、「空夢」で、私は以前の、空しすぎる悲しい夢を見たことを思い出し(歌詞とよく似た体験をしたため)、泣きそうになったのですけれども、次の「oh my love」で、救われたような思いがしました。はい、ただの偶然だと、百も承知しております。しかしながら、自分の時間や命は、大切な人を支え、一緒に楽しくすごすためのもの、と思い知らされ、悲しい涙がうれし泣きになりましたよ。
「Seno de Revolution」は、盛り上がりました。
「CHAIN」「羽」、加えて、アンコールの「遠くまで」「Okay」は、ソロライブ定番曲で決定のようですね。できれば、私は、軽快で夢を追って疾走する感じの「Starchaser」、繰り返しのフレーズが心地よくて楽しい、「気分は I am All Yours」も加えていただきたいところです。
 メンバー紹介もされましたが、シェーンさんの人気がすごかったです。声援が、もっとも大きかったような? 彼自身も、「アイラブ大阪!」「大阪大好き!」と、言っていましたね。ベースの徳永さんは、稲葉さんの次くらいに、声が出ていたみたいです。こういう、バンドメンバーの盛り上がりもまた、ライブの大切な条件なのでしょう。
 稲葉さんは、「日頃から、やりたいこと、やってみたかったことを、ぎゅっと凝縮して、只者のアルバムを制作した」と、おっしゃり、最後に、「この記念すべき七夕の日に、皆さんから元気と感動をいっぱいもらいました。ありがとう。また今度、必ず会いましょう」と言って、ステージを去りましたが、お礼を言うべきは、私の方です。またとない感動を、ありがとうございました。それでは。

| |

« 『只者』(稲葉浩志)の感想 | トップページ | 『桑田次郎 アダルト短編集2 感覚転移』(マンガショップ)の感想 »

音楽」カテゴリの記事

B'z」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 『只者』(稲葉浩志)の感想 | トップページ | 『桑田次郎 アダルト短編集2 感覚転移』(マンガショップ)の感想 »