四コマ漫画

2020年1月27日 (月)

『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 毎回ながらも、その内容と急展開のストーリーに驚かされてしまいました。
 あらすじとしては、まず、信長不在の織田軍VS上杉謙信軍が激突する、手取川の戦いの始まりと結末。何と、柴田勝家と羽柴秀吉が口論し、秀吉が戦線離脱。そんな統率の乱れた織田軍に対し、軍神と言われた上杉謙信との戦いは、今までにない、すさまじいものでした。次は、ついに謀反を起こした松永久秀・久通との信貴山城の戦いです。松永討伐に向かったのは、織田信忠、細川藤孝、明智光秀、筒井順慶と千鳥という錚々たる面々でしたが、苦戦を強いられたものの、ついに……。さらに、17巻につながる、荒木村重の動揺。そして、謙信急死による、上杉家内の後継者争いの結果、といったところ。

続きを読む "『信長の忍び』16巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0)

2020年1月17日 (金)

『信長の忍び』15巻(重野なおき・白泉社)の感想

『信長の忍び』15巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 15巻も、驚きの展開の連続でした。織田信長は、私のような日本史無知でも、主要な戦やその生涯を知っているのに、ギャグを踏まえつつも、ドキワクが止まらない演出は、作者様、お見事! としか言いようがありませぬ。精神的土下座!
 あらすじとしては、足利義昭と、伊勢の北畠具教が通じていることが発覚。信長は、息子の信雄に、北畠の粛清を命じますが、信雄はとんでもない「うつけ」で、剣豪の北畠があっさり倒されるはずもなく……。
 次は、雑賀衆と織田軍の激突。織田十万に対し、雑賀はわずか二千。ところが、織田軍指折りの武将に竹中半兵衛まで加わりながらも、地の利と鉄砲を生かした雑賀衆に悩まされ、千鳥と助蔵までがピンチに⁉ 雑賀の孫市他、土橋守重、部下の一見かわいい少女、小雀と蛍がおもしろいです。15巻のメインエピソードでしょう。
 もう一つ、16巻につながるお話としては、千鳥と助蔵が、森蘭丸に同行して、越後に潜入し、上杉謙信の動向を探ろうとしますが、謙信本人に見つかってしまい、一緒に飲酒することに? 武田信玄とはまた異なる、スケールの大きい戦国武将にして軍神、謙信の言動がユニークです。上杉家もまた、上杉景勝、景虎、樋口兼続に、忍び? の軒猿と、またまたキャラが立ちまくりです。
 ラストは、今までレギュラーキャラ化していたはずの松永久秀が、反逆を計画中? 千鳥にセクハラしながらも、様々に享受していた松永は、もうあの、のんびりした縁側でお話をしなくなる……のか⁉

 

 

 

 

 

続きを読む "『信長の忍び』15巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0)

2019年2月 4日 (月)

『信長の忍び』14巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』14巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 やっと、私の遅い感想文が、最新刊に追いつきました! この調子で、がんばって、今までためていた分をアップしていきます。

続きを読む "『信長の忍び』14巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

『信長の忍び』13巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』13巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 あらすじとしては、長篠の戦の決着に尽きますけれども、その後の第二次信長包囲網(敵は本願寺の他、北の上杉謙信と西の毛利家がメイン)による新たな戦いの予兆について。
「第247話 ぶらり明智家への旅」から、明智光秀の家族、特に妻の煕子(ひろこ)をくわしく取り上げているのがおもしろいです。
 どうやら、この漫画は、本願寺との決着ではなく、最期まで描かれるみたいですね。気楽に読める四コマギャグというより、四コマ大河ですね。奥が深いなあ。

続きを読む "『信長の忍び』13巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月12日 (水)

『信長の忍び』12巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』12巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 最新刊まで、あと2冊! やっと、レビューが追いついてきましたが、本業他の多忙により、やや簡単な内容にさせていただきます。ごめんなさい。

続きを読む "『信長の忍び』12巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想・補足

『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想について、補足いたします。すみません。

続きを読む "『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想・補足"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 7日 (水)

『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 帯カバーは、「TVアニメ二期決定!」と、なっているのですが、四期も放送されるといいですね。でも、私はかぞえるほどしか視聴しなくて、申しわけないのですけれども。いや、その、アニメはスピーディー(自分がみじめになるので、省略)。

続きを読む "『信長の忍び』11巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月24日 (水)

『信長の忍び外伝 尾張統一記』1・2・3巻の感想(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び外伝 尾張統一記』全3巻の感想(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 あらすじは、このタイトルがすべてを語っていますよね。若かりし頃の織田信長の活躍をメインに、森可成、木下秀吉、前田利家といった重臣の他、その夫人の帰蝶、えい、ねね、松などのエピソードが語られています。斎藤道三と義龍の戦いが、本編でも描かれている点だけはネックでしょうか。

続きを読む "『信長の忍び外伝 尾張統一記』1・2・3巻の感想(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月12日 (金)

『軍師 黒田官兵衛伝』(重野なおき・白泉社)1・2・3巻の感想

 四コマ漫画『軍師 黒田官兵衛伝』(重野なおき・白泉社)1・2・3巻の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
『信長の忍び』で、今をときめく作家様の時代物です。作風や特徴(四コマながらも、続き物のお話)は、ほぼ同じかと思います。ただ、千鳥のような無双の強さを誇る、女の子キャラが登場しない点、より一般向けでお勧めできますね。

続きを読む "『軍師 黒田官兵衛伝』(重野なおき・白泉社)1・2・3巻の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 6日 (月)

『信長の忍び』10巻(重野なおき・白泉社)の感想

 四コマ漫画『信長の忍び』10巻(重野なおき・白泉社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 10巻の主役は、千鳥ではなく、浅井長政夫人の市であるといっても過言ではないと思います。実際、ひねクレバヤシと言われる私でも、胸にせまるものがありました。
 いや、もう、この作品、四コマ漫画とかギャグとか、そのような枠組みを超えてしまっているでしょう! アニメもヒットしていますけれども、間違いなく、名作だと思います。

続きを読む "『信長の忍び』10巻(重野なおき・白泉社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧