土竜の唄

2013年2月 9日 (土)

漫画の精霊様、見放さないでください!

 いろいろ迷っているうちに、一ヶ月以上も更新できず、ごめんなさい。
 たまっている読書感想は、次のとおり(作者様、出版社名は省略)。

 プレイコミック3月号
 HONKOWA3月号
 信長の忍び 6巻
 土竜の唄 31、32巻
 ベルセルク 8巻
 ハカイジュウ 5、6巻
 闇の検証 1~4巻
 凍牌人柱篇 2巻

 他にも、もっとあったはず。
 私の文章作成スキルを、とっくに越えてまんがな。
 オートマティックライターになりたーい!
 必ず、感想をアップするから、漫画の精霊様、訪問者様、読者様、待っていてくださいませ。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

『土竜の唄』30巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』30巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 モモンガの百治こと、桜罵百治を、海へ突き落とした玲二でしたが、事は思いがけない形で失敗します。まず、数奇矢会、さらには轟周宝子飼いの警察署長、三地との間で、迦蓮保護の手柄の奪い合いになり、その混乱に乗じて、桜罵の女ヒットマンが乗りこんできたのでした。あっという間に、迦蓮は再び拉致され、桜罵の一味は高速艇に乗って立ち去ります。

続きを読む "『土竜の唄』30巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

『土竜の唄』29巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』29巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。ネタバレがありますので、ご注意ください。 28巻の感想をアップしたのが、去年の10月って、自分の要領の悪さに呆れてしまいますが、とにかく、続けていられるのは、とてもうれしいです。

続きを読む "『土竜の唄』29巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月12日 (水)

『土竜の唄』28巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』28巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。ネタバレがありますので、ご注意ください。

 飢ェる咬む、ようこそ! 28巻は、数奇矢会を破門された、モモンガの百治こと、桜罵百治(さくらば ももじ)VSクレイジーパピヨンこと日浦の対決で、幕が上がります。玲二は活躍していなくはないのですが、この二人のインパクトにやや隠れてしまったかも。

続きを読む "『土竜の唄』28巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

『土竜の唄』27巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』27巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレを含みますので、ご注意ください。
 やっと、私のトロい感想が追いつきました! しかも、帯カバーによれば、『土竜の唄』ポストカードが発売された、という情報が載っていましたよ。ご興味のある方は、こちらをどうぞ。
  ↓  ↓  ↓
 http://store.terry-f.com/

 全国のヴィレッジバンガードでも発売中!! だそうで。
 しかも、27巻帯カバーの応募券を送れば、抽選で10名様に、このポストカードがプレゼントされます。2011年9月30日が応募締切ですから、ご注意ください。
・・・・このようなすてきな情報が載っているのに、ドラマ化のドの字もありませんでしたよ。『土竜の唄』ドラマ化なんて、ニセ情報ですからね。

続きを読む "『土竜の唄』27巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月14日 (日)

「予定は未定」とならないために

 暑いからと、だらけてばかりいないで、少しは自分にプレッシャーをかけておくべく、大風呂敷を広げさせていただきます。
 それでも、いざとなると、実生活重視なので、ご了解ください。

 すでに、ニューアルバムとはいえなくなりましたが、B'z、ゴスペラーズの感想を述べたいです。
 昨日、『進撃の巨人』5巻、『怪眼』『黒い家相』の単行本を入手しました(『永久保異聞 闇の考証』も欲しかったのですが、見つかりませんでした)。『HONKOWA』の掲載号ミスの失敗を挽回するため、レビューするつもりです。
『月刊ヤングマガジン』、『土竜の唄』27巻が、もうすぐ読了できそうです。
 読み終えているけれども、感想をアップしていないのが、『鉄腕バーディーEVOLUTION』8巻、『不安の種』、『決定版 水滸伝』2~4巻などですが、『不安の種』は、『発芽』『開花』と、そろえてからにします。
 ワタシ的ナンバー1ダークファンタジー、『ベルセルク』は、「アニメ・コミック」のカテゴリーから、独立させて、1巻から感想を書いてみたいです。なぁんて、思っていて、実家の本棚を調べたら、肝心な1巻だけが紛失! 誰かに貸したきりになっているのか、紛失したのか、まったく不明。ああ。
 整理整頓ができるって、一種の才能であり、すばらしい美徳ではないでしょうか・・・・。

ご協力お願いします。
人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

『土竜の唄』26巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』26巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。いくらかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 26巻は本編の他に、人気グループ『湘南乃風』とのコラボ読切短編漫画(玲二や日浦がゲスト出演しています。たぶん、ストーリーは曲のイメージと合っています)、さらには、湘南乃風メンバーと高橋のぼるさんの対談が載っています。湘南乃風は、たぶん、皆様の方がくわしいと思いますが、写真撮影もされているので、高橋のぼるさんの姿格好がわかって、非常に興味深い。玲二をほうふつとさせるどころか、穏やかそうな方ですよ。ただ、眼力が強そうでした。

続きを読む "『土竜の唄』26巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月28日 (木)

『土竜の唄』25巻(高橋のぼる)の感想

 漫画『土竜の唄』25巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。ネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

ハンパな漢は冥土に行きな。

 画像は、轟周宝の妻、毬子(マリコ)。「半端な漢は冥土に行きな。」、これは玲二のイメージですので、乳が過剰に大きいですが、鋭い目つきに、私は惚れました。おーい、(若木)純奈、(桃川)千晶、何とかしないと、君達は忘れられてしまうぞ。

続きを読む "『土竜の唄』25巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月20日 (水)

『土竜の唄』24巻(高橋のぼる)の感想

『土竜の唄』24巻(高橋のぼる・小学館)の感想を申します。ネタバレを含んでおりますので、ご注意ください。

ちょい早いですが、うな重

 この画像は、40ページ、借り切り状態のうなぎ屋で、日浦の治療を無事に終え(流血と激痛まみれなので、省略させていただきますね)、安堵して、うな重を頬張る玲二です。いつも、土竜のグルメは最後にご紹介しますが、明日が土用の丑の日ということで、タイムリーなシーンかと思い、アップさせていただきました。玲二、おいしそう! そして、幸せそうですな。これから、とてつもない、命懸けの仕事が待っているというのに。ふり返ってみると、『土竜の唄』って、おいしそうな料理(もちろん、B級多し)が頻出し、登場人物全員、肉食系のように感じられます。クレイジーパピヨンこと日浦も、激痛にあえぎながらも、うなぎの肝の串焼きを食べていました。彼は玲二と裏腹に、鬼気迫る形相でしたね。そういうわけで、あらすじです。

続きを読む "『土竜の唄』24巻(高橋のぼる)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月19日 (火)

『土竜の唄』テレビドラマ化というのは、ニセ情報です!

 私もファンである、『土竜の唄』(高橋のぼる・小学館)がテレビドラマ化されると、WEB上で、うわさされているそうですね。
 サーチしてみたら、4月頃からそう言われていて、7月15日放送開始予定とか、いや、10月・・・などなど。
 しかし、これはどうやら、ニセ情報のようです。
 肝心な小学館様のサイトで発表されていないし、主演とされる方の近況にもないからです。

 私も昨日、うかうかとコメントに踊らされてしまいましたが、『土竜の唄』を、「週刊ヤングサンデー連載中」と書かれているのを不審に思い(ヤングサンデーは、とっくの昔に休刊しています)、調べてみたわけですよ。
 コメントの内容は、無責任な推測か、いたずらだったようで、『土竜の唄』と作者様、ファンをあなどっているものと思います。

続きを読む "『土竜の唄』テレビドラマ化というのは、ニセ情報です!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)