アニメ・コミック

2017年11月27日 (月)

『凍鶴』(上村一夫・小学館文庫)の感想

 コミック『凍鶴』(上村一夫・小学館文庫)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 私はずっと、「とうかく」と読んできましたが、「いてづる」でした。ごめんなさい。
 お話は、こごえた足を温めようとして、片足立ちをする癖のある少女、「つる」が成長し、やがて、「鶴菊」と名乗る、一人前の芸者となる、というもの。最初、故郷から売られて、置屋の「仕込みっ子」だったのが、あでやかな姿の芸者となる様子が、なかなか見事に描かれています。
 緩くつながっていますが、ほぼ一話完結で、どこから読んでも大丈夫な構成です。時代的には、昭和初期から太平洋戦争の渦中まででしょうか。後半は、客に兵隊が多くなり、暗い世相を感じさせながら、やや唐突な感じで終わります。休載なのか、普通に連載終了したのか、よくわかりません。私はおもしろい、いい内容だと思ったので、終戦か、芸者のつるについた仕込みっ子、お春(美貌のつると違って、器量は今一歩)が独り立ちするまで、続いていたらなあ、と思いました。
 何年頃、どこに掲載されていたのか、この本だけでは不明という、やや不親切な作りですが、後書きは阿久悠がエッセイを載せています。読了してから思うに、阿久悠と上村一夫、天才二巨頭が親しかったって、ものすごいことがあるのですね。そして、天才ゆえに、この作者様は早く亡くなったのでしょうか。実に惜しい!

続きを読む "『凍鶴』(上村一夫・小学館文庫)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月20日 (月)

『どすこいスピリチュアル 呪詛の家』(漫画:小林薫 原案TANAKA・大都社)の感想

 コミック『どすこいスピリチュアル 呪詛の家』(漫画:小林薫 原案TANAKA・大都社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 サブタイトルに、「心霊ライター・タナカの取材メモ」とありますとおり、両国に自宅兼事務所のある、よろず系のフリーライター、ぽっちゃり体格のタナカさんが、スピリチュアル関係の内容を漫画化したものです。
 だから、霊能者が恐ろしい悪霊と戦うなどの、バトルはありませんし、身の毛もよだつ怖さはないです。その代わり、ギョッとする場面は、ちらほら含まれていますね。タナカさんは霊感がない分、私達も経験してきた、あるいは、するかもしれないエピソードばかりで、なかなか役に立つ内容です。
 一話完結の短編9つが収録されています。私のお気に入りを、いくつか挙げてみますと。

続きを読む "『どすこいスピリチュアル 呪詛の家』(漫画:小林薫 原案TANAKA・大都社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 3日 (金)

『絢爛たるグランドセーヌ』6巻(Curvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』6巻(Curvie・秋田書店)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 6巻もまた、すてき&すばらしい内容でした。奏や翔子に数歩先んじているはずのさくらが、何とアメリカで大苦戦し、不本意な成績に終わります。さらに、奏はアビゲイル・ニコルズ先生からバレエ留学を勧められて有頂天になるものの、滝本先生は、ある種の危惧を抱きます。
 今後の展開は、どうなるのでしょうね(うれしい悲鳴)!

続きを読む "『絢爛たるグランドセーヌ』6巻(Curvie・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

『しらたまくん』9、10巻(稲葉そーへー・集英社)の感想

 コミック『しらたまくん』9、10巻(稲葉そーへー・集英社)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 9巻と10巻、私は感想をアップしていなかったのですね。すっかり、やり終えたつもりになっていました。ごめんなさい、読者様、作者様、白玉君、読書と本の神様。

 9巻では、白玉を含めた家庭科部員達と、妹のサクラが海水浴に行くお話と、文化祭で家庭科部が演芸コンテストに出場することになる、というのがメイン。第100話では、鈴川が猫に、白玉が人間(美少年。髪型に少し猫の面影が残っています)になる、という、ある意味、衝撃的な内容でしたが、ベタなオチでした。だまされた私が悪いのですけどね。
 海水浴で、何と、シリーズ初めてであろう、鈴川、来栖、白玉が命の危険にさらされるという、エピソードがあります。ここは、猫である白玉が活躍して、ピンチを脱しましたが、もし、鈴川と来栖だけなら、もっと危なかったかも?
 演芸コンテスト編では、白玉を中心とした、切断マジックをやることになりましたが、後輩がステージ上で失敗し・・・・というもの。よくテレビなどで見かける切断は、こういう仕掛けだったのかと、感心すると同時に、白玉の機転もいいなと、思いました。本当、この漫画は、ほのぼの、ゆるゆる系のようでいて、海水浴の危険な場所や猫の生態など、役に立つ豆知識があって、いい感じです。

続きを読む "『しらたまくん』9、10巻(稲葉そーへー・集英社)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月23日 (月)

『変人偏屈列伝』(荒木飛呂彦・鬼窪浩久 集英社文庫)の感想

 漫画『変人偏屈列伝』(荒木飛呂彦・鬼窪浩久 集英社文庫)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 収録されているお話は6つです。順番と作画を挙げましょう。
 タイ・カッブ 作画:鬼窪浩久
 康 芳夫 作画:鬼窪浩久
 腸チフスのメアリー 作画:荒木飛呂彦
 ウィンチェスター・ミステリー・ハウス 作画:荒木飛呂彦
 コリヤー兄弟 作画:鬼窪浩久
 ニコラ・テスラ 作画:鬼窪浩久
 ちなみに、前書きは荒木飛呂彦、後書きは鬼窪浩久、どちらも文章で載せています。各話の終わりには、まとめのように、詳細な解説文もあるという親切仕様。荒木・鬼窪両氏の絵や作風がダメという人を除けば、どのお話も筋金入りの変人偏屈のものですから、おもしろくないわけがない、のです。

続きを読む "『変人偏屈列伝』(荒木飛呂彦・鬼窪浩久 集英社文庫)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 6日 (金)

『絢爛たるグランドセーヌ』5巻(Curvie・秋田書店)の感想

『絢爛たるグランドセーヌ』5巻(Cuvie・秋田書店)5巻の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今回もまた、作者様に脱帽です。おもしろかった! バレエ少女にとって、リアルかつ重要なエピソードが三つも含まれている、お得仕様です(何じゃそりゃ←自主ツッコミ)。特に、中盤の、主人公の奏からすると、サイドストーリー的になるのかもしれませんが、バレエ友達たる翔子が、父親から猛反対されます。
「お前は まだ子供だから考えが甘い/やめろとは言わないが 趣味として割り切ってやれ!」
 当然、プロのダンサーを目指す翔子は、反発、号泣しますが、レッスンに支障をきたすことに・・・・と、いうもの。

続きを読む "『絢爛たるグランドセーヌ』5巻(Curvie・秋田書店)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月14日 (金)

『姉のおなかをふくらませるのは僕』4巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ)の感想

 とっくの昔に読了しておきながら、アップするのが遅くなってしまいました。ごめんなさい、漫画の神様、作者様、この辺境ブログへの訪問者様。『姉のおなかをふくらませるのは僕』4巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ)の感想を申します。多少のネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 今回から、また作画エピソード? マル秘ネタ?が加わり、楽しくなりました。京子の三人の友達の細かい設定が、おもしろ楽しいです。私は強面美人のセクシーが、お気に入りになっています。結構、漫画家志望者さんの参考になるかもしれませんよ?
 そして、私は巻末の第28話で、びっくり仰天しました。京子やクラスメイトの女子達から、「料理上手、性格いい、かわいい、いい子だ」扱いされ、好かれまくっていたけれども、本人は普通の男子小学生でいたはずの忍に、もしや、まさかの、恋愛問題?  その心の扉をたたいたのは、他でもない(自主規制)、ということは・・・・。

続きを読む "『姉のおなかをふくらませるのは僕』4巻(原作:坂井音太 作画:恩田チロ)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ』『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ2本目』(Tramp House)の感想

『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ』『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ2本目』(Tramp House)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 あの人気アニメの、同人、つまり、非公式アンソロジーというわけです。なかなか、『松のからさわぎ』の続きが発行されないものですから、以前のこちらの2冊を読んでみたわけです。全体的な感想としては、まあ、おもしろかったです。同人誌にありがちな、ボーイズラブや成人指定を全面的に推してくることもありませんでしたから。反面、何か物足りない感じがしてなりませんでした。その理由は。

続きを読む "『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ』『同人パロディアンソロジー 松のつれづれ2本目』(Tramp House)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 3日 (金)

『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想

 成年コミック『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 2005年9月発行の、ちと古い作品集ですが、私は結構、好きなタイプのエロ漫画です。収録作品は、「蕾(TSUBOMI)」「いたいけな野獣」「NYMPH(ニンフ)」「木乃伊の恋」「PETTING LESSON」「蠱惑」「仮面の独白」「淫嫁猥母」「アリエナイハナシ」「自愛自涜」「裏窓」「武装査察官 冴木範奈(同人誌発表作品)」と、12編で、すらっと読めます。
 作者様は、巨乳メガネ美人(やや熟女寄りか?)好きなのでしょうかね。男性向けゆえ、陰毛などもバッチリ、細かく描かれていますが、何となく、私はレディースコミックを読んでいるような気分でした。その理由は。

続きを読む "『聖隷』(山本夜羽音・富士美出版)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

『松のからさわぎ J編』(Tramp House)の感想

 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

 同人パロディアンソロジー『松のからさわぎ J編』(Tramp House)の感想を申します。いくつかのネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 6つ子アニメのK編、C編と続いて、今回の主役(愛されキャラ)は、明るくて気はいいけれども、謎めいている、そして、なぜかかわいい五男メイン。描き下ろしは、最後の、「無人島へ持っていくなら」(めろ)一遍ですが、毎回首をひねるのですけれども、どういう構成やコンセプトで編集されているのでしょうね?
 

続きを読む "『松のからさわぎ J編』(Tramp House)の感想"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧