アニメ・コミック

2024年2月18日 (日)

『絢爛たるグランドセーヌ』18巻(Cuvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』18巻(Cuvie・秋田書店)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 18巻は、何と、奏の友人兼ライバル的な栗栖さくらが、思いがけないピンチに見舞われるという、本編と異なる別エピソードに、私は目を奪われてしまいました。上昇志向の強さゆえに、日本人らしくない、さくらですが、メンタル的に……だったとは。
 奏は、くるみ割り人形のねずみ役に、学内振付コンクールの準備と、両方のレッスンにと、多忙ながらも、青春を満喫しまくっている感じです。こういう、毎日が驚きと発見、感動の連続って、すばらしいものです。

 あらすじを説明しましょう。初めて、ねずみの被り物を使用した奏ですが、その重さと視界が狭くなることに、戸惑ってしまいます。けれども、ねずみの王役のファースト・ソリストが前面に出たのに引っ張られ、パワフルに動き回れたのでした。その話を、奏は電話でさくらに語ったところ、ドイツのさくらは、「シンデレラ」の主役を踊ることになったと、告げます。
 奏には打ち明けなかったものの、実は、さくらは、シンデレラが、ヒロインの性格、ストーリーとも、大嫌い。ライバルまみれのスクール内で、その葛藤を口に出せず、相談もできません。体調まで崩すほど悩むのですが、そのような時、母の栗栖先生から電話でアドバイスされ、さくらは、「私とは似ても似つかない」と、割り切り、演じることができたのでした。
 そして、奏は振付コンクールに。他の友人の演出の違いに感心させられながら、ニコルズ先生、振付のブキャナン先生らの前で踊ります。結果、その作品「ENCOUNTER(エンカウンター)」は、ファイナル出場が決定します。
 ついに、「くるみ割り人形」本番。プロ達と同じ舞台に立てるという、バレエを始めた幼い頃の夢が、少しだけでもかなったと、奏は、うれしい興奮が止められません。ねずみ達が活躍する場面で、「夢の世界に 私はいる」と、実感します。
 ニコルズ先生の補習を受けるなど、いっそう忙しくなる奏でしたが、夢に近づく希望に胸をふくらませます。うっかり、スミス校長先生と廊下で鉢合わせするのですが、先生は以前と違って、好意的にほめてくれます。が、「卒業まで頑張ってくれ」の一言に、奏は固まります。

 

続きを読む "『絢爛たるグランドセーヌ』18巻(Cuvie・秋田書店)の感想"

| | | コメント (0)

2024年2月15日 (木)

『マップス』2巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想

 コミック『マップス』2巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 1巻以上に、仰天! 驚愕! 動転! の連続でした。2巻の新キャラ達は、全員、リプミラを圧倒する存在感です。

 2巻に収録されているのは、次のとおり。

 プロローグ
 生贄砲計画編
ACT.9  プロジェクト生贄(サクリファイス)
ACT.10 前兆・来たる
ACT.11 パドズマの火
 六人の幽霊船編
ACT.12 銀河障壁
ACT.13 天使の末裔
ACT.14 接触(コンタクト)・∞
ACT.15 伝説の終焉
ACT.16 カミオの受難
ACT.17 幽霊船の宴
ACT.18 空気 風になる!

 では、あらすじを説明いたしましょう。
「プロローグ」は、メインキャラクターの紹介です。
「生贄砲計画編」では、ガッハ・カラカラは、生物の断末魔をエネルギーに変えて破壊するという、とんでもない武器を完成させました。それが、生贄砲。ザッハは手始めに、惑星パドズマで生贄砲を発射して、リプミラ号を撃破。星見とエイブはガッハの元へ捕らわれてしまい、リプミラは船と同調しているため、ひどく負傷してザッハの追手から逃げきれず、突然に現れた武装した謎の人物によって拉致されてしまいます。

続きを読む "『マップス』2巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想"

| | | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想(追記)

 コミック『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想の追記を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 前回の記事では、各話のストーリーというか、あらすじの紹介が雑でしたので、もう一度、しっかり記してみます。

「閉ざされた扉」は、ある女子生徒に一方的な恋慕を抱く男(どう見ても、その学校の教師のようなのです)が、彼女を監禁した挙句、その体の扉を強制的に閉ざして(具体的には、とても書けません)……というもの。思いをこじらせることが怖いのは理解できます、が、彼女の受ける仕打ちは残酷すぎ。
「肉塊16年」、出会い系(当時はテレクラか?)で、少女は男と知り合い、援助交際を持ち掛けますが、紳士的な外見のその男はラブホテル内で、彼女を切り刻みます。血まみれの少女は、自分の人生の様々な場面を、その脳裏に思い描くのでした。無残に損傷された肉体、ノスタルジックな思い出、豹変した男の醜い表情と、ストーリーはシンプルながらも、動転させられます。私的には、ラブホへ行く前の少女の言葉、「あたし ホカホカ弁当買って 中で食べよっと」に、なぜか恐ろしさを感じました。
「美奈の夏は終わった」、自宅でむごたらしく絞殺された、小学校低学年くらいの美奈。その兄はひどく悲しみますが、女装して興奮するなんて、気持ちの方向性が間違っていると、思います。

続きを読む "『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想(追記)"

| |

2024年2月10日 (土)

『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想

 コミック『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 私は乱読派なので、ノンフィクションから、漫画や官能小説を含む、男性向け創作物まで読みます。気に入ったものは、記事の文末でお勧めすると書きますし、そうでなければ、スルーなのですが、この本ばかりは勝手が違います。
 一応、ジャンルとしては、男性向け成人指定漫画ですが、この収録作品を読んで、ドキワクするのはまだしも、あこがれる方は危険です。
 もう一つ、性的被害にあわれた女性の方は、絶対に読まない方がいいです。トラウマがよみがえってしまう危険があるからです。
 そうして、私を含めて、この作品群になぜか心惹かれてしまう方は、有害図書反対運動などをしている良識派の方から批判されるかもしれませぬ。
 だからといって、この作者様の本がベストセラーになって大絶賛されたら、それもそれで、恐ろしいです。
 つまり、それくらい、早見純の作品は美しいのに腐り果てていて、極上の甘さを持つ猛毒なのです。
 今回のレビューは、コメントをおことわりいたします。ご了承ください。

 収録されているのは、巻末の説明によると、1985年から2000年までの読み切り短編で、「純の本番」は完全リテイク作品だそうです。
 発行年月日は2000年9月で、私もプレミア価格で購入せざるを得ませんでした。
 収録作品と掲載順は、次のとおり。

 純の暗い情熱
 閉ざされた扉
 肉塊16年
 美奈の夏は終わった
 窓のない部屋
 午前四時まで
 極悪バナナ
 真夏の震え
 涼子・夏に……
 ボーナス・トラック(単行本初収録) ラブレター フロム 彼方
 復活祭
 純の本番

 あとは、解説と、作者様のロングインタビューが載っています。

続きを読む "『ラブレター フロム 彼方』(早見純・太田出版)の感想"

| |

2024年2月 4日 (日)

『新九郎、奔る!』15巻(ゆうきまさみ・小学館)の感想

 コミック『新九郎、奔る!』15巻(ゆうきまさみ・小学館)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 帯カバーによりますと、「新九郎三十一歳、てんてこ舞いの文明十九年!」ということです。

 簡単に、あらすじを説明いたしますと、伊都の息子、新九郎の甥にあたる龍王丸が、領地である駿河へ戻れるよう、準備を始めるのですが、姪の亀が正親町三条実望と結婚するにあたっての手配もしなればなりません。さらに、新九郎の妻、ぬいも体調不良? と思いきや、おめでたで、無事に男の子を出産しました。
 けれども、龍王丸は十五歳ながらも虫に夢中で、家臣への態度も落ち着きなし。龍王丸と対立関係にある、今川新五郎範満を推す家臣達と、範満の養子で跡継ぎの徳寿丸(十四歳)は、「龍王殿はうつけ」と、騒ぎだします。龍王丸と一緒に、駿河へおもむいた新九郎も、危うく殺されかけそうになる始末。
 一方、細川政元からの書状を持って、堀越公方の足利政知の元へ参った新九郎でしたが、彼から現将軍の義尚に後継者がいないことを指摘され、その候補として、自分の子が入ることを知らされてしまい、新九郎は、今後の将軍家の跡目争いに巻き込まれそうな、いやな予感がします。 
 また、温厚であったはずの範満も、何やらたちの悪い病気にかかった様子。加えて、徳寿丸改め孫五郎が、かしこくて武技にもすぐれているため、大いに心が乱され、自分達に有利に働くように動きます。代官の交代も、書状にてことわってきたため、ついに、新九郎は激怒。武装して、代官を力ずくでたたき出そうとするのでした。

続きを読む "『新九郎、奔る!』15巻(ゆうきまさみ・小学館)の感想"

| | | コメント (0)

2024年2月 3日 (土)

『絢爛たるグランドセーヌ』17巻(Cuvie・秋田書店)の感想

 コミック『絢爛たるグランドセーヌ』17巻(Cuvie・秋田書店)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 いよいよ、奏のロイヤル・バレエ・スクール、学生寮、ルームメイト達を中心とした生活が始まります。これは、日本ではあまり触れられていなかった、奏の、青春物語と呼んでいいでしょう。

 あらすじを簡単に説明いたしましょう。
「くるみ割り人形」の配役を決定されることになり、奏は、ねずみ役に。発表会デビューだった頃と違って、ピーター・ライト版なので、被り物をつかうわけです。さらに、奏は下級生をリードする役目も負うことになり、伝説のマーゴ・フォンティンのすばらしさをも知るきっかけも得たのでした。
 一方、奏のルームメイト、キーラは、振付コンクールにエントリーするため、がんばっています。振付は、知識の量、教養、音感と、幅広い能力が必要であり、加えて、各ダンサーの持ち味を生かせるよう、観察力もなくてはいけないことに気づき、奏は改めて彼女に感服します。
 そのような多大のレッスン、習得しなければならないバレエ作品のストーリーや本質、歴史といった背景(バックグラウンド)と、奏は好きなバレエの世界ながら、必死になっています。エヴリンとは親友っぽくなっていますが、こだわりが強く、自分の世界に埋没しがちなキーラとは、小競り合いも起こしてしまいます。
 そんな時、アンドレアから、突然の連絡。週末に、バレエ団で踊ると告げ、見事なコンテをスマホで見せてくれます。いったん、寮を飛び出したキーラは、ひどく落ちこんでいましたけれども、奏はアンドレアの、言葉を使った踊りの話をした途端、吹っ切れてしまったようでした。
 男子も交えて、皆、朗読内容や衣装について、熱く語り合うのでした。さあ、これから、どうなる?

続きを読む "『絢爛たるグランドセーヌ』17巻(Cuvie・秋田書店)の感想"

| | | コメント (0)

2024年1月31日 (水)

『マップス』1巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想

 コミック『マップス』1巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 さて、こちらは文庫版で全10巻ですが、私的にとてもおもしろかったので、特別に1巻ごとにレビューしていくつもりです。
 これはもう、『バビル2世』以来ですね。
 しかも、『マップス』は偶然にも、バビル2世と、作風が似ている個所があります。
 具体的に申し上げますと。

1)伏線はあるけれでも、割と謎解きは素早く、テンポよく、スムーズ。スピーディーなストーリー展開。
2)普通の少年だったはずの主人公が、自分の意志で冒険へと旅立ち、鍛えられ、心身ともにバケモノじみた強さを持つ戦士に。

 スペース・オペラなので、さすがに、主人公は学生服を着ておりませんが、しかし、絶対的に異なる点があります。
 ストーリーを引っ張る、真・主人公は、地球生まれの少年ゲンではなく、ビキニのような衣装をまとった、半有機合成人間(ビメイダー)、リプミラ! なのですよね。
 リプミラも魅力的なのですが、この『マップス』は、登場するヒロイン達が、かなり個性的で心惹かれる存在なのです。
 ただねぇ、リプミラのコスチュームもセクシーすぎなのですが、不自然でない程度に(?)、女性達の色っぽいスタイル・場面が多くありまして、美少女好みの男性ファン様だったら、うけるだろうなと、思います。作者様には申しわけありませんが、私は猛烈なエロ好きですけれども、美少女への志向はなく、胸というより、お尻原理主義者なのですよね。

続きを読む "『マップス』1巻(長谷川裕一・メディアファクトリー)の感想"

| | | コメント (0)

2024年1月28日 (日)

お知らせとおわび、もう一度

 長らく、更新をしておらず、申しわけありません。
 Twitterにて報告いたしましたが、先月は母、今月は父と、相次いで亡くなったため、文章を作成するのに集中できなくなっております。
 リハビリ的に、Twitterでつぶやいてみたり、今回のように短く書いてみたりするつもりでおります。
 回復まで、もうしばらくかかると予想されますが、どうぞ、お気長にお待ちいただけますよう、お願いいたします。


ご協力お願いします。

漫画・コミックランキング

| | | コメント (0)

2024年1月 7日 (日)

『フランケンシュタインの男』(川島のりかず・マガジンハウス)の感想

 コミック『フランケンシュタインの男』(川島のりかず・マガジンハウス)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 この本の発行は、2022年12月1日ですが、ひばり書房からの原書は、P191の川島のりかず略年譜によれば、1986年11月です。それには、SFミステリーとジャンル分けされていますけれども、私は心理ミステリーか、サイコホラーとした方が、しっくりくるように思えました。
 怪奇/ホラー漫画で30年の歴史があったらしい(P199)ひばり書房に29冊もの書下ろし単行本を描きながら、88年10月の『中学生殺人事件』を最後に姿を消し、2018年に亡くなった、幻のホラー漫画家、川島のりかずの、最高傑作(帯カバーによる)だそうです。
 かなり特殊なひばり書房や、実績はあったはずなのに、漫画家を引退せざるを得なかった作者様のくわしいエピソードについても、この本は後半でよく説明されております。興味を持たれた方は、購入してみてください。
 私は、特にホラーブームでもない最近になって、注目されてきた漫画家様の作品ということで、購入したわけです。
 あらすじを簡単に記しますと、主人公は二十代の真面目な会社勤めの青年、空木鉄雄。鉄雄は女社長亡き後、満たされない毎日を送っていた時、不意に、自分の身近に、得体のしれない少女が見えるようになります。思い余って、医者に相談すると、彼女の顔面が血まみれになっていることと、正体が判明。
 彼女の名は君影綺理子、裕福な家庭に育ちながらも、病弱なゆえか、ひどくわがままで、フランケンシュタインを気に入っていました。小学生だった鉄雄は綺理子を喜ばせようとして、フランケンシュタインの面を作り、かぶってみせます。そうやって、綺理子に命令されるまま、鉄雄はフランケンになりきって、子供達に好き放題の乱暴をし続けたのでした。ところが、綺理子は不注意で井戸の中に、転落してしまいます。鉄雄はそれを誰にも打ち明けられないまま、上京し、大学を卒業し、綺理子と似た女社長のいる会社に就職したわけでした。
 埋もれていた過去を思い出した鉄雄でしたが、虚しい気分は増すばかり。鉄雄は綺理子の幻? に導かれるまま、フランケンシュタインのマスクを購入し、子供の頃同様に、それをかぶって、公園などで遊ぶ子供達を襲い始めます。大勢の子供達が逃げ惑ううち、大人も多くなりますが、鉄雄はフランケンのまま、彼らにも暴行を働きます。その存在感と強さに、人々は恐れる以上に圧倒され、「フランケン! フランケン!」と、連呼します。さらった子供を高く掲げ、酔い痴れたように応える彼は、もはや鉄雄ではありませんでした。そして、一人の私服警官が、鉄雄に向けて発砲します。










続きを読む "『フランケンシュタインの男』(川島のりかず・マガジンハウス)の感想"

| | | コメント (0)

2024年1月 2日 (火)

『女形気三郎』全7巻(ジョージ秋山・小学館)の感想・追記

 コミック『女形気三郎』全7巻(ジョージ秋山・小学館)の感想の追記を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 私がこの漫画の中のお気に入り作品は、1巻(壱巻というべきかな?)に収録されている、全作品です。
 設定やストーリー、デザインが固まっていないせいか、それが欠点にならず、むしろ、フリーダムさが、おもしろい、美しい、エグい(おいおい)と、感じるため、何度読んでも飽きませぬ。
 おどろおどろしい面をかぶったり(裁きの一)、気風のよい女行商人に変装したり(裁きの二)しています。
 ところが、お話が後半になるにつれて、悪人のバリエーションは豊富なのですけれども、女形気三郎自身は割と同じ格好、ほぼ無敵の強さなのが物足りなくて、少し残念です。
 もう一つ、後半の事件は、女性の全裸殺人が多く、同性の私としては、読んでいて辛いです。
 

続きを読む "『女形気三郎』全7巻(ジョージ秋山・小学館)の感想・追記"

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧