書籍・雑誌

2024年6月16日 (日)

『オール・アバウト・セックス』(鹿島茂・文春文庫)の感想

『オール・アバウト・セックス』(鹿島茂・文春文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 こちらは、エロ本? エロス本? それとも、エッチ本? という感じの、エロチックな内容の本を紹介した、ブックガイドです。週刊誌に四年近く連載されていた書評をまとめ、巻末に官能小説ガイドを付記し、久世光彦、福田和也、作者様の三人の対談、あとがきで締めくくった、結構充実した内容です。
 取り上げられている内容は、百年以上昔のものから、最近のベストセラー、海外の翻訳作品もあれば、官能小説、ノンフィクション、コミック、官能劇画と、これまた至れり尽くせり、「エッチのことなら、私に任せろ!」と、胸を張って宣言しておられるような感じですね。巻末には、書名と著者名、両方の索引が載せられていて、ブックガイドとしては、超絶親切仕様です。
 ただ、申し訳ないのですけれども、いただけない点を挙げますと。
 タイトル……ですかねえ。私は思わず、「わーい、セックスガイドブックだぁ!」と、即座に購入してしまいましたから。裏表紙の説明を読まなかった私が悪いのですが、もう一工夫、欲しかったです。
 各回のテーマについて、実は、ニッチ? グロ? というか、そういうものの扱いがなかったか、軽かったように思います。屍姦、獣姦、四肢切断もしくは欠損、異性装といったマイナー系を好まれる方は、拍子抜けされるかもしれませぬ。
 あと、超個人的に、早見純、山本夜羽音、宮西計三も、紹介していただきたかったです。榊まさる、笠間しろう、前田寿安は挙がっているのに。
 もう一つ残念ながら、ボーイズラブ作品は、皆無でしたねえ。

続きを読む "『オール・アバウト・セックス』(鹿島茂・文春文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年6月15日 (土)

『ドグラ・マグラ』上・下(夢野久作・角川文庫)の感想

『ドグラ・マグラ』上・下(夢野久作・角川文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 実は、感想をアップする予定だった本を読了できなかったため、急遽、大昔に読んだこれらの本についてご紹介いたします。
 読むのが遅くて、すみませぬ!

 あらすじとしては、ある青年が、真夜中に、ボンボン時計の物音で目を覚まします。が、彼には記憶が、一切ありません。彼の叫び声に応じて、一途で清純そうな少女が呼びかけるのですけれども、彼女が誰なのかもわからないのです。ショックを受けたまま、青年は朝を迎えます。食事と衣服を与えられて落ち着いた頃、九州帝国大学法医学の若林教授という奇怪な紳士が面会にやって来ます。そこで、若林教授は、青年が、正木敬之教授の精神科の治療を受けており、記憶を取り戻すことが何よりも大事であると、話して、様々な恐ろしげな研究成果を見せるのでした。
 その中には、「ドグラ・マグラ」という小説も入っていました。青年は、正木博士の膨大な論文を読み始めます。
 ようやく読み終えた時、目の前には、正木博士がいるではありませんか。
 それは、はるか昔の中国にいた頃のある絵師から受け継がれた、殺人と死体翻弄の、恐るべき「胎児の夢」のなせる技だったのです。

 うぅ、もっと書きたくとも、推理小説ですので、ネタバレ防止のため、ここまでで精一杯です。
 すでに、主人公の青年が、記憶と幻想の中で、必死に真相を突き止めようとしているのですが、堂々巡りの迷路に入りこんでいるわけで、下巻で明らかになる凄惨な殺人事件を理解するのは困難です。

続きを読む "『ドグラ・マグラ』上・下(夢野久作・角川文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年6月 7日 (金)

『オーパ!』(開高健 写真:高橋曻・集英社文庫)の感想

『オーパ!』(開高健 写真:高橋曻・集英社文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本も古本市の購入したうちの一冊です。実家に保管してあったはずが、紛失したのか、誰かに貸したのか、わからなくなっておりましたので。
 つまり、元の本が見つかればダブりになるわけですけれども、それでも構わない、ぜひ読みたい! と、私が熱望するほど、ユニークで、ドキワクする、魅力的な本です。
 枕元に常備して、週末の、まったりした気分で読み返したくなりますね。

 あらすじというか、内容をご紹介いたしますと、有名な作者様が、ブラジルの大河アマゾンで、ピラーニャ、トクナレ、ピラルクー、ドラドといった個性的な魚達を釣り、旅をするという、釣り日記とも紀行文ともいえる作品です。
 魚のみならず、珍しい、もしくは、不思議な動植物まみれです。冒頭の、サンタレンまで行く船旅で、「料理は皆、大味だ」と、作者様は述べておられる割に、おいしそうな食べ物が満載で、唾が出てきます。
 もちろん、作者様の、淡々としていながら、まるで目の前のものを描出しているような文章の魅力によるところも大きいのでしょうが、この本は文庫本ながら、カラー写真が満載。リアルな動植物から、身の毛もよだつ……圧倒的大自然のスケール、罪深いけれども美しい、都会の夜景など、この本の奥行きとスケールを、何万倍にも広げていってくださっています。
 ちなみに、「オーパ!」というのは、ブラジルで、驚きや感嘆した時に発せられる言葉だそうです。
 

続きを読む "『オーパ!』(開高健 写真:高橋曻・集英社文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年6月 4日 (火)

『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想

 書籍『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 こちらの本は、奥付によれば、2000年5月に初版が発行されているそうです。「ふくろうの本」というシリーズで、説明文もわかりやすくていいですが、それ以上に写真や図解が多く、見応えがあります。また、このシリーズを見つけたら、購入してみるつもりです。

 内容としては、サブタイトルのとおりで、インドのコナーラク太陽神殿、ラージャラーニ寺院、チトカリニ寺院、カジュラーホー寺院群、モデラ太陽神殿、ネパールのタンカ美術が紹介されています。コラムには、昔のインドやネパールにて行なわれていた、性愛の様子や性技の絵が載せられています。
 間違いなく、色っぽい内容です。しかも、これらの寺院が建立された頃は、日本なら平安時代? といった感じで、インド人は、大昔から極めつけにエロっちいなと、身も蓋もない、下品な感想を言ってもいいのでしょう、が。
 作者様のお言葉によりますと。

 バラモンの経典に従えば、人間は自我を捨てるとき、肉体は消滅し、この世の一切の悩みから解脱し、歓喜にみちあふれるという。身体にまとう衣服を脱ぎ捨て、神々しいまでも美しく輝く肉体に変身する。抱擁、愛撫、性交もすべて歓喜となる。(中略)
 この神殿の舞楽殿の音楽を奏でる天女(アプサーラ)を見よ、踊り、歌う天女を見よ。彼女たちは神々の歌を、踊りの妙なる響きをわれわれに伝える。この愛の響きこそが、まさに神々の響きとなり、波動となってわれわれの心を浄化するのである。これこそが真理であり、自我を超えた真の歓喜の世界である。これを形象化し、象徴させたものが太陽神殿の彫刻群であって、これを世俗化した眼で見てはならない。

 まことに、そのとおり。反論どころか、返す言葉もないほどの正論、いいえ、聖論です。
 しかしながらと、表現世界の末席の隅っこにいる、一介の腐女子である私は、正直に申し上げたい。

続きを読む "『図説 エロスの神々 インド・ネパールの太陽神殿とタントラ美術』(福田和彦・河出書房新社)の感想"

| | | コメント (0)

2024年5月30日 (木)

『タイプ別 ストレスを力に変える27の方法』(相場聖 ディスカヴァー・トゥエンティワン)の感想

 書籍『タイプ別 ストレスを力に変える27の方法』(相場聖 ディスカヴァー・トゥエンティワン)の感想を申します。ネタバレが含まれていますが、読んで実践してみないと難しいと、思います。ご注意ください。

 4月からずっと、どういうわけか、私は古本運がいいらしく、古本市やフリーマーケットで、20冊ほども買ってしまいました。今回の本も、そのうちの1冊です。
 購入のきっかけですが、現在、私は仕事上のストレスに悩まされているからです。何が問題で、どうすればいいのかも、頭の中では、わかっております。けれども、感覚的か感情的なモヤモヤ、イライラが治まらず、困っていたからなのです。
 それで、ストレスを少しでも軽減したくて、読んでみました。

 しかし、読了はしましたが、まだ作中のレッスンを実践しておりませぬ。本当ならば、レッスン○○をやってみて、どうだったかと、報告すべきなのですけどね。
 あらすじというか、内容は、タイトルのままです。
 奥付の説明によれば、「本書は2014年2月に刊行された『ストレスを味方につける方法!』を、コンビニエンスストア限定販売用に再編集したもの」だそうです。
 発行日は2014年3月31日 第1刷で、2017年10月5日 第8刷とのこと。売れていらっしゃるようで。
「27の方法」と、タイトルにありますが、実際は、自分自身を理解する、タイプ分けテストの後、各タイプごとの特徴と効果的なストレス解消法について説明されています。
 その次から、LESSON01から始まって、LESSON28まで、くわしい理論と方法が載せられています。28は、今までの方法のいくつかを組み合わせた、ある意味、一番難易度が高く、でも達成できれば、ストレス解消どころか、人生の充実感アップにつながる最強の方法ではないかと、思います。

 

続きを読む "『タイプ別 ストレスを力に変える27の方法』(相場聖 ディスカヴァー・トゥエンティワン)の感想"

| | | コメント (0)

2024年5月24日 (金)

『神も仏もありませぬ』(佐野洋子・ちくま文庫)の感想

『神も仏もありませぬ』(佐野洋子・ちくま文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本は、エッセイです。絵本『100万回生きたねこ』の作者様が書かれたので、私は結構、楽しみにして読んでみました。
 結果、かなり骨太で、男性作家のものではないかと、錯覚してしまいそうな読後感でしたね。

 簡単に内容をご紹介いたしますと、北軽井沢で一人で暮らす作者様の日常を描いたものです。
 アライさん、アケミさん、マコトさん夫婦、「謎の人物」ハヤシさんなど、友人知人も登場し、愛猫のことも言及されており、孤立してはおりません。
 しかしながら、情け容赦ない感じなのです。
 登場する方々はもちろん、読者も。さらには、返す言葉の刃で、作者様自身の、のど元や左胸に突きつけているみたいに思われました。

続きを読む "『神も仏もありませぬ』(佐野洋子・ちくま文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年5月18日 (土)

『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(阿佐ヶ谷姉妹・幻冬舎文庫)の感想

『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(阿佐ヶ谷姉妹・幻冬舎文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本を手に取ったきっかけは、私がしばしば、「阿佐ヶ谷姉妹のお姉さんに似ているね」と、言われているからです。私自身、阿佐ヶ谷姉妹を知っていますけれども、好きでも嫌いでもなく、歌も歌えませんから、「ふうん」と言う程度でした。でも、友人と家族に似ていると言われた以上、気になるし、どんな人達なのだろうと、興味を持ったわけです。よくあるタレント本だろうなと、思っていたのですが。
 ところが、予想外にもおもしろく、意外にも、泣かされそうになりましたよ。 
 
 あらすじといっても、タイトルと阿佐ヶ谷姉妹という名で、充分でしょう。阿佐ヶ谷姉妹の姉、渡辺江里子さんと、妹の木村美穂さんが、交互に日常生活を語るエッセイがメインです。巻末の、引っ越し後のお二人の対談や、書き下ろしの恋愛小説も含まれており、小さい白黒写真も、随所に掲載されている、なかなか凝った仕様の本です。
 当初、姉妹は二人暮らしをしていて、互いに相手に対して、困ったり、戸惑ったりしたことが描かれています。姉妹どちらも、相手に批判的ですが、読者としては、どっちもどっち(笑)。ネタバレ防止で自主規制しますが、本当に、お二人とも強烈に個性的です。私生活がネタそのものという感じですね。

続きを読む "『阿佐ヶ谷姉妹の のほほんふたり暮らし』(阿佐ヶ谷姉妹・幻冬舎文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

『小説家のメニュー』(開高健・中公文庫)の感想

『小説家のメニュー』(開高健・中公文庫)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本は、1995年11月初版で、2010年11月に改版3刷として発行されたものだそうです。
 内容というか、あらすじを簡単に説明いたしますと、作者様が味わった、海外メインの、食に関するエッセイ12編です。
 12編とも、「美味・珍味・奇味・怪味・媚味・魔味・幻味・幼味・妖味・天味」と、同じ言葉が繰り返されながらも、2個か3個が太文字で表されている仕様です。ちなみに、第1編は、次のとおり。

 美味・珍味・奇味・怪味・媚味・魔味・幻味・幼味・妖味・天味

 各編のテーマは、ネズミやピラーニャ(ピラニアのことです)といった、珍しい食材。それから、作者様の好きな料理と、その味わい方に関するものですね。
 なかなかの、飯テロものだと、私は思います。

続きを読む "『小説家のメニュー』(開高健・中公文庫)の感想"

| | | コメント (0)

2024年5月11日 (土)

『作家マゾッホ 愛の日々』(フィリップ・ペラン 黒主 南/訳 富士見ロマン文庫 No.71)の感想

 書籍『作家マゾッホ 愛の日々』(フィリップ・ペラン 黒主 南/訳 富士見ロマン文庫 No.71)の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。
 この本は、翻訳者様のあとがきによれば、「フランコ・ブロジ・タビアーニの同名の映画に想を得たフィリップ・ペランが1982年に小説化したものである。主人公レオポルド・フォン・ザッヒェル・マゾッホは、昨今大流行のキンキー・セックス(異常性愛)の本家本元として名高い」だそうです。
 これでほぼ、あらすじを説明したかと思いますが、私は映画の方は見ておりませんけれども、マゾッホの生涯の重大な情景と、いわゆるマゾヒズムの心理をくわしく描いていて、おもしろく読めました。表紙も過激ですし(裏表紙なんて、今では印刷できないのでは? 後ろ姿とはいえ、男性の……ですから)、巻頭8ページの映画中のシーンを集めたフルカラー、123~150ページまで、白黒ながら、やはり映画のシーンと登場人物達の台詞が描かれていて、なかなか刺激的でお得な仕様です。
 もう少し、くわしくあらすじをご紹介しましょう。幼い頃、乳母ハンドシャの女王のような風貌にあこがれ、十歳で叔母から鞭打たれたことによって、マゾッホは、自分の秘められた性癖に目覚めてしまいます。早熟で明晰な頭脳を持つ彼は、その小説の人気と相まって、多くの女性達と関係を持ちますが、いずれも一長一短、女王の威厳の持ち主は現れません。
 ところが、ワンダことアウローラ・ルメリンという女性からの手紙は、マゾッホを熱狂させます。アウローラは上流階級出身のふりをしていますが、本当は貧民街のお針子。上流階級に入り込むため。『毛皮を着たヴィーナス』に扮して、近づいてきたのでした。
 マゾッホとアウローラは、契約書を交わし、鞭打ちに夢中になる関係になるのですが、やがて、アウローラは身分をいつわることに耐えられなくなり、本当の素性を明かします。彼女の虐待センスに心惹かれて、マゾッホは家族や友人の反対を押し切って、彼女と結婚しました。
 次に、マゾッホは、いわゆる自分が寝取られ男になることを夢想し、アウローラに要求しますけれども、うまくはいきません。アウローラは文芸誌のオーナーのアルマンと、マゾッホはフルダ・マイスターと、ダブル不倫の関係におちいってしまいます。結婚十年で、マゾッホはアウローラと離婚し、二人の関係は終わりました。
 しかし、後に、アウローラは、マゾッホの死亡記事に対して、自分こそが彼の正妻であると抗議し、一人きりになっているのに、なおも『毛皮を着たヴィーナス』へ、心は成りきっているのでした。

続きを読む "『作家マゾッホ 愛の日々』(フィリップ・ペラン 黒主 南/訳 富士見ロマン文庫 No.71)の感想"

| | | コメント (0)

2024年4月13日 (土)

『マップス シェアードワールド ー翼あるものー』(原作:長谷川裕一 笹本祐一 他)GA文庫の感想

『マップス シェアードワールド ー翼あるものー』(原作:長谷川裕一 笹本祐一 他)GA文庫の感想を申します。ネタバレが含まれていますので、ご注意ください。

 この本は、表4の紹介文によりますと、「長谷川裕一によるスペースオペラコミックの金字塔『マップス』の世界をベースに、六人の作家がそれぞれのストーリーを紡ぎ上げるコラボレーション作品、それが本作である」ということで、平たく説明いたしますと、『マップス』の小説メインの外伝、もしくは二次創作といったところでしょう。
 私、まだ『マップス』の感想をすべてアップしていないうちに(読了はしました)、こういうことを記すのは、反則気味かと思いますが、久しぶりに小説を読むのは楽しかったです。この喜びをできるだけ早く、お知らせしようと思いはしたのですが、なかなかどうして、複雑な気分になる本でした。

 ちなみに、掲載作品は、次のとおり。

 巻頭イラスト 村枝賢一 三浦建太郎 麻宮騎亜
 小説 迷子の宇宙戦艦 笹本祐一
    流星のジュディ 中里融司
    ソフティカ・リップ放浪記 秋津透
    町からきた先生 古橋秀之
    宙(そら)へ往く船 重馬敬
    さよなら三角、また来てリープ 新城カズマ

 すみませんが、イラストの感想は、省略させていただきますね。しかし、久々に三浦建太郎さんの作品が見られて、うれしかったですし、うっとりもしました。イラストのレベルは、割と高い方だと思います。
 しかしながら、小説の方は、ちょっと……方向性が違うのではないかと、考えてしまうものがいくつか。
 作者様達が、ルーティン・ワークで、書かれたとは思いませんが。
 でも、ほら、プロの小説家様達の作品ですよ? 内容が外伝、続編、別編、いずれにせよ、読者としては呆気に取られる、拍手したくなるほど感心する、そういうものを、私は期待しておりましたが。
 そりゃあ、エロなしは、仕方がないと、思いますけれども(おーい)←自主ツッコミ。

 

 

 

 

 

続きを読む "『マップス シェアードワールド ー翼あるものー』(原作:長谷川裕一 笹本祐一 他)GA文庫の感想"

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧